老人介護施設でのコンサートの選曲の解説は?

有料老人ホームでのピアノ連弾コンサートの選曲についての続きです。【関連ブログ】老人介護施設でのコンサートの選曲は?

演奏するに当たり、プチ情報を混ぜ込むのも重要です。そのお役目も私達でさせて頂きます。

「おもちゃのチャチャチャ」が発表された時、南米の大人のダンスであるチャチャチャを 子供の曲に使用するのはいかがなものか!と大議論を巻き起こしたとか・・・。

「通りゃんせ」には不気味な裏話があるとか、「ちいさい秋」は病気の子供が窓から見た景色を歌っているのだとか・・・。

「ドレミの歌」はサウンドオブミュージックの名曲ですが、ペギー葉山さんがアメリカでミュージカルを観て感激し、 楽譜を売店で買ってきて日本語に訳して紹介したのだとか・・・。

ペギー葉山さんと言っても若い方はわからないかもしれませんが、こちらの皆さんは青春時代を思い起こされる方です。

こちらの施設には以前も演奏させて頂きました。全員が認知症の方ですが、皆さんとても熱心に聞いてくださり喜んでいただきました。

今回のコンサートはおそらく記憶としては残らないかもしれませんが、その場を楽しんで、若い頃の記憶を呼び起こしてくだされば本望です。

どんな小さな演奏会でも手を抜かないことというのが、友人と私の同意見。誰が聞いているかわからないし、どんなチャンスが待っているかわかりません。

今日も連弾合わせ頑張ります!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください