老人介護施設でのコンサートの選曲は?

有料老人ホームの方からミニコンサートのお話を頂き、敬老の日に合わせて友人と連弾の練習をしています。

やはり知っている歌が良いと伺って童謡・唱歌を中心に選曲しました。

「ドレミの歌」 「ゆりかごの歌」 「めだかの学校」 「通りゃんせ」 「おもちゃのチャチャチャ」 「ちいさい秋」 「靴が鳴る」 「浜辺の歌」 「おぼろ月夜」

これらのほとんどは2007年に選定された『日本の歌100選』に入っています。大正、昭和初期の曲が多いです。

曲が決まったら楽譜作りから始めます。 コピー・切り貼りして、自分達が弾きやすいように改造します。譜めくりは頼みたくないので、譜めくりもしやすいように考えなければなりません。

それからひたすら個人練習。

その後、二人で練習。 お互いにどのメロディーを生かすか考えながら、弾きやすいように工夫します。自分のパートが主の時は、少々腕がぶつかったり手の甲を引っ掻いても暗黙の了解です。

童謡の他に 「スポーツショー行進曲」(NHKスポーツ番組テーマ曲) 「おもちゃの兵隊の行進曲」(キューピー3分クッキングテーマ曲) などもはさみ、お話を交えながらの1時間弱のコンサートになる予定です。

これらの曲を演奏するに当たり、曲について一通り調べてみましたがなかなか面白かったので、そのお話はまた次回に。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください