『ピアノの森』弦が切れたときの演奏

まさかのコンクールでの出来事!ここの場面は非常に楽しみでした。

一ノ瀬海はコンクールでどのような演奏をしたのか?!

曲はベートーヴェン作曲の「月光」第3楽章でした。見事な演奏で会場が感動に包まれた時、ピアノの弦が切れてしまったのです。

おそらくコンクールのような状況では一旦演奏を中断して弦を張り替えるのだと思いますが、一ノ瀬海はその音を他の音に変えて演奏を続けます。

あの大曲の音楽性を失わずにやってのけるということは、天才を証明するのに十分すぎます。

漫画では海君結構焦っていたのですが、アニメではすごく冷静に描かれていました。曲も私が想像していたよりは派手に変わっていました。

どの音を切れたことにするか、ということについては悩まれたことでしょう。この一場面を作るのは相当大変だったろうなぁと思います。

♪『ピアノの森』が好きなあなたへ、オススメの記事♪
本番中にピアノの弦が切れたら?? ~名作漫画「ピアノの森」を読んで
音の出ないピアノ~名作漫画「ピアノの森」を読んで
スタインウェイ・ヤマハ・カワイ・ファツィオリ~名作漫画「ピアノの森」を読んで

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください