Top >  ブログ  >  ピアノのお稽古がどういうものかわかっていない

ピアノのお稽古がどういうものかわかっていない

2018.05.24

ピアノは他の習い事と違って、教室に来て弾くだけのお稽古事ではありません。

体験レッスンや入会の時に親御さんにもお話しするのですが、子供には通じていないのかなと思います。

確かに楽譜が簡単な頃は練習しなくてもそれなりに進みます。

しかし、だから家で練習しなくても良いということとは違うのです。

きちんと練習している子は、音に余裕がでます。

その小さな積み重ねが音楽性を育てるのです。

ピアノのレッスンはピアノの練習という意味ではなく、ピアノのお稽古であると私は自分の師匠から言われました。

お稽古も練習の意味ですが、どちらかというと修行というか、技術や能力を身に付けるニュアンスがあります。

 
LINEレッスンの画面イメージ

PianeysのピアノLINEレッスン

LINEで動画を送るだけ!
あなたの演奏を徹底分析!

 
Pianeys(ぴあにーず)
物書きピアニスト

子どもから大人までピアノ指導する傍ら、本サイト「ピアノサプリ」を開設し運営。【弾きたい!が見つかる】をコンセプトに、演奏効果の高いピアノ曲を1000曲以上、初心者~上級者までレベルごとに紹介。文章を書く趣味が高じて、ピアノファンタジー小説「ピアニーズ」をKindleにて出版。お仕事のお問い合わせはこちらからお願いします。

  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
PianeysのピアノLINEレッスン
  • Twitter

    日々のブログに加えて、発表会で弾くのにおすすめの曲やその練習方法などをツイートしています。フォローをよろしくお願いします。

    Twitterへ

  • YouTube

    YouTubeに演奏動画をアップしています。チャンネル登録をよろしくお願いします♪

    YouTubeへ