『ピアノの森』オーディションとはどんな審査だったのか?

4月からNHKで始まるアニメ「ピアノの森」に登場する3名(一ノ瀬海、雨宮修平、丸山誉子)の子供時代の演奏ピアニストは去年募集されました。

厳正なる審査を経て、最終審査が2017年12月2日(土)都内某所にて開催され、4名の方が合格されました。

オーディションの演奏曲目は次の二曲です。

課題曲はモーツァルト作曲ピアノ・ソナタ第2番ヘ長調K.280(全楽章)で、これは全員が演奏します。

もう一曲はショパン作曲「小犬のワルツ」又は「華麗なる大円舞曲」のどちらかを選んで演奏します。

この3曲は、原作のコンクールで演奏される重要な曲です。モーツァルト作曲ピアノ・ソナタ第2番ヘ長調K.280(全楽章)については【モーツァルトのソナタK.280~名作漫画「ピアノの森」を読んで】をご覧ください。

応募資格は6歳以上~15歳までということでしたが、選ばれた方々は小6~中3の将来が楽しみなピアニスト達。過去の演奏は【オーディションに合格した子供達の演奏をお聴きください♪】です。

合格後、程なくしてレコーディングも行われました。

4名の方々がどの役なのか、今から楽しみです!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください