自分の実力に満たない曲に挑戦するということ

先日、体験レッスン面接をさせていただきました。

まず、今までに弾いた曲を聞いてみてびっくり!

有名な難曲オンパレードでした。

合格になったばかりだという曲を聴かせてもらうと、指はペタペタで音の強弱はなく、リズムの取り方も妙でした。

実はまだ今のピアノの先生を完全にやめていなくて、1月にある発表会に出るかどうか迷っているとのことでした。

予定曲はリストの『愛の夢

これも少し弾いてもらいましたが、もし私が指導するとしたら1月にはとても間に合いそうにない状態でした。

厳しい言い方ですが、前の曲をあの程度で合格にするのならば、発表会のレベルが想像できます。

エチュードはまだ30番ツェルニーの中程なのに、こんなに背伸びをする必要があるのかと疑問に思いました。

確かに憧れの曲を弾きたい気持ち、弾かせてあげたい気持ちはわかります。

でも実力からかけ離れた曲を弾くのは、本人のためにならないと思います。

いくら趣味とはいえ、メロディラインがそれらしく聞こえ、なんとか最後までたどり着いただけ、というのはもったいないです。

本当の音楽の楽しさはその先にあります。

前途多難かもしれませんが、ピアノの楽譜に込められた 楽しさを教えてあげたいと思います。

…と思っていたら、どうしても日時のすり合わせが難しく、お断りすることになってしまいました。

残念ですが、素敵なピアノライフを送ってほしいと願っています。

こんなお悩み、ありませんか?

発表会やコンクール前に演奏を聴いてもらいたい…

ピアノを習っているけど、他の先生の指導も受けてみたい…

独学でピアノを学んでいて、演奏に自信が持てない…

あがり症を克服したい…

PianeysのピアノLINEレッスンなら
LINEで動画を送るだけ!

あなたの演奏を徹底分析してお悩みを解決します♪

ピアノLINEレッスンを申し込む

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください