ピアノレッスンですぐに泣いてしまう子

断言しますが、私が泣かせている訳ではありません。

新しい曲で音符がわからないから、弾きたくないから、眠いから…そういう理由です。

眠いのは仕方がないとして、新しい曲だから泣くというのは私にはちょっと意味がわかりません。

幼児は毎日新しい体験の連続だと思うのですが、ピアノの新曲に関しても同様です。

ピアノを習っている人は、曲こそ違うけれどほぼ同じ道を通って進歩していきます。

「音を二つ三つ覚えたら今度はつなげて弾いてみる」「両手で弾くときはメロディーが切れないように気を付ける」などなど。

課題は無限にあって、すぐにできる時もあれば難航するときもあります。

できないのが悔しくて泣くのならまだわかりますが、まだほとんど何もしないうちから泣いてしまうのはどうでしょう。

難しそうな計算問題を見るたびに泣くのでしょうか?

見たことがない→むずかしそう→できないかもしれない→泣く

泣くというのは思考がストップしてしまうので、まず泣き止むまで待たなければ何もできません。

オンラインレッスンをしてみて、自宅でも同じであるというのがわかりました。

結局子供はお母さんに助けを求めているということですが、お母さんがなだめるお家もあり、一応放置されるお家もあります。

「できないかもしれない→泣く」の間には子供なりに色々な思考があると思います。

できなかったら怒られる、恥ずかしいという気持ち。どうしてもっと簡単に教えてくれないの?という訴え。

うちのピアノ教室に限ってですが、泣く子のご家庭には共通点があります。「蝶よ花よ」で育てられています。

「この場限り」や「今回だけ」のつもりでも子供には通用しません。

三つ子の魂百まで、とはよく言ったもので、子育ては本当にむずかしいです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください