ヴィーデ(vide)

楽譜1
ヴィーデ
楽譜2
ヴィーデ
楽譜3
ヴィーデ

ヴィーデはラテン語で「見よ」の意味です。次のこの記号までで飛ばします。主にD.C.やD.S.と組み合わされます。ポピュラー音楽ではコーダマークとも言います。

楽譜1
初めから演奏し、D.C.まで行くと曲の初めに戻ります。ヴィーデまで行くと次のヴィーデまで飛んで最後まで弾いて終わります。

「ドレミファミレドードレミファファラソー」

D.C.については、D.C.の項をご覧下さい。

楽譜2
初めから演奏し、D.S.まで行くとセーニョ に戻ります。ヴィーデまで行くと次のヴィーデまで飛んで最後まで弾いて終わります。

「ドレミファミレドーミファファラソー」

D.S.やセーニョ については、D.S.の項をご覧下さい。

楽譜3

ポピュラー音楽ではCoda(コーダ・結尾部)に飛ぶこともよく見られます。初めから演奏し、D.C.まで行くと曲の初めに戻ります。ヴィーデまで行くとCodaまで飛んで、最後まで弾いて終わります。

「ドレミファミレドレミファドーファラソー」

トップへ戻る