後打音(after note)の弾き方解説

後打音(after note)の意味とピアノでの弾き方をサンプルの楽譜を使ってわかりやすく解説します。

今回用意した楽譜はこちら。

楽譜1
後打音

楽譜2
後打音

後打音は中間打音とも言われ、ある音を装飾するために使われる音で、少し小さいサイズの音符で表わす音楽記号です。

音符の棒は必ず上向きです。

楽譜1の弾き方解説

後打音

後打音「シ」が「ミ」を飾っています。この2つの音を合わせて4分音符分の長さになります。

後打音
(楽譜は一例です)

「シ」は「ド」の前打音とも受け取れるのでこのような後打音はあまり使われなくなっています。

楽譜2の1小節目の弾き方解説

後打音

ほとんどの後打音はこのようにトリルの後に付きます。トリルの奏法については、トリル(trill)の弾き方解説を参照して下さい。

トリルは「ドレドレ」または「レドレド」と弾きます。後打音の「シ」はトリルの音符の長さを削って最後に割り込む形になります。

後打音
(楽譜は一例です)

後打音
(楽譜は一例です)

楽譜2の2小節目の弾き方解説

後打音

複後打音です。

トリルは「シドシド」または「ドシドシ」と弾きます。複後打音の「ラシ」はトリルの音符の長さを削って最後に割り込む形になります。

後打音

後打音

【関連する音楽記号】
長前打音 (appoggiatura)
短前打音(acciaccatura)
複前打音(double appoggiatura)

音楽記号一覧へ戻る

こんなお悩み、ありませんか?

発表会やコンクール前に演奏を聴いてもらいたい…

ピアノを習っているけど、他の先生の指導も受けてみたい…

独学でピアノを学んでいて、演奏に自信が持てない…

あがり症を克服したい…

PianeysのピアノLINEレッスンなら
LINEで動画を送るだけ!

あなたの演奏を徹底分析してお悩みを解決します♪

ピアノLINEレッスンを申し込む