後打音(after note)


楽譜1
後打音
楽譜2
後打音

中間打音とも言います。
ある音を装飾するために使われる音で、少し小さいサイズの音符で表します。音符の棒は必ず上向きです。

楽譜1
後打音「シ」が「ミ」を飾っています。この2つの音を合わせて4分音符分の長さになります。「シ」は「ド」の前打音とも受け取れるのでこのような後打音はあまり使われなくなっています。

楽譜2-1小節目
ほとんどの後打音はこのようにトリルの後に付きます。トリルの奏法については、トリルの項を参照して下さい。

トリルは「ドレドレ」又は「レドレド」と弾きます。後打音の「シ」はトリルの音符の長さを削って最後に割り込む形になります。

楽譜2-2小節目
複後打音です。
トリルは「シドシド」または「ドシドシ」と弾きます。複後打音の「ラシ」はトリルの音符の長さを削って最後に割り込む形になります。

トップへ戻る