フラット(flat)の弾き方解説

フラット(flat)の意味とピアノでの弾き方をサンプルの楽譜を使ってわかりやすく解説します。

今回用意した楽譜はこちら。

楽譜1
フラット

楽譜2
フラット

フラットはその音を半音低くする音楽記号で変記号とも言われます。

ピアノの鍵盤の上半分を見ると黒い鍵盤と白い鍵盤が並んでいます。

隣同士の音と音の関係のことを半音と言います。

フラットが付くと鍵盤では左隣の音になります。

例えば「レ」にフラットが付くとすぐ左隣の黒い鍵盤が「♭レ」になります。

しかし「ミ」と「ファ」、「シ」と「ド」のように黒い鍵盤が挟まっていなくて白い鍵盤が隣同士にあるところがあります。

つまり、「ファ」にフラットが付くと「ミ」の場所が「♭ファ」、「ド」にフラットが付くと「シ」の場所が「♭ド」ということです。

フラットには臨時記号調号とがありますが、初めに臨時記号について説明します。

フラットには4つのルールがあります。

その1
その小節内のみ有効
その2
1オクターブ以上離れている音は無効
その3
同じ小節内で同じ高さの音であればト音記号でもへ音記号でも有効
その4
小節をまたいでタイで結ばれたときタイが終わるまで有効

4つのルールを実際に確かめてみましょう。

楽譜1の1小節目の弾き方解説

フラット

1つ目の音符
「シ」にフラットが付いているので半音下がります
2つ目の音符
同じ小節内なので「♭シ」です
3つ目の音符
1オクターブ以上離れているのでフラットは無効です

楽譜1の2小節目の弾き方解説

フラット

1つ目の音符
違う小節なので1小節目のフラットは無効です
2つ目の音符
「♭シ」です
3つ目の音符
1オクターブ以上離れているのでフラットは無効です

楽譜1の3小節目の弾き方解説

フラット

1つ目の音符
「ファ」にフラットが付いているので半音下がります。鍵盤上では「♭ファ」と「ミ」は同じ場所です
2つ目の音符
ヘ音記号ですが、同じ小節内であれば音部記号が変わっても同じ高さの音のフラットは有効なので「♭ファ」です
3つ目の音符
「ド」にフラットが付いているので半音下がります。鍵盤上では「シ」と同じ場所です

楽譜1の4小節目の弾き方解説

フラット

1つ目の音符
前の小節からタイでつながっているので実際には弾きませんが「♭ド」です
2つ目の音符
タイでつながれた音でないのでフラットは無効です

楽譜2の弾き方解説

フラット

楽譜1を調号を用いて書いたものです。

便宜上フラット1つの調にしました。

全ての「シ」の音にフラットが付きます。

ナチュラル記号は変化させた音を元の音に戻す記号です。

詳しくはナチュラル(natural)の弾き方解説をご覧下さい。

最後の音に関しては記号はいらないのですが、前の音から1オクターブ以上離れているため、まぎらわしさを避けるために明確に示すことが多いようです。

【関連する音楽記号】
シャープ(sharp)
ダブルシャープ(double sharp)
ダブルフラット(double flat)

音楽記号一覧へ戻る

こんなお悩み、ありませんか?

発表会やコンクール前に演奏を聴いてもらいたい…

ピアノを習っているけど、他の先生の指導も受けてみたい…

独学でピアノを学んでいて、演奏に自信が持てない…

あがり症を克服したい…

PianeysのピアノLINEレッスンなら
LINEで動画を送るだけ!

あなたの演奏を徹底分析してお悩みを解決します♪

ピアノLINEレッスンを申し込む