クィンディチェジマ(15ma)

15ma

五線の上に15maと書いて点線が付いている所は2オクターブ上の音を弾きます。2オクターブとは15度音程の事を指します。15度とは白鍵で数えて15個目の音の事です。

第15番目という意味のイタリア語はquindicesima(クィンディチェジマ)です。

2オクターブ上を弾く指示は15とだけ書いたり、15ma alta( クィンディチェジマ・アルタ)と書くこともあります。

1小節目
ト音記号で「ミ」の音です。

2小節目
へ音記号では同じ「ミ」の音はこの書き方です。

3小節目
2小節目の「ミ」の2オクターブ下の「ミ」ですが、2オクターブ高くという指示があるので2小節目と同じ高さの「ミ」ということになります。

4小節目
五線の下に15maと書いて点線が付いている所は2オクターブ下の音を弾きます。15とだけ書いたり15ma bassa(クィンディチェジマ・バッサ)と書くこともあります。15mbも使われます。

1小節目の「ミ」の2オクターブ上の「ミ」ですが、2オクターブ低くという指示があるので1小節目と同じ高さの「ミ」ということになります。

つまり1小節目から4小節目まで全て同じ高さの「ミ」です。

トップへ戻る