アルペジオ(arpeggio)


アルペジオ

アルペッジョとも言います。
イタリア語で、ハープ(アルプ)のようにという意味で分散和音の一種です。

1小節目
低い音から順番に高い音に向かって演奏します。

この場合、「ファラドファ」と弾きます。弾いた音はそのまま2分音符分伸ばすので、最後の響きは「ファラドファ」の和音になります。

その曲が作られた年代や作曲者、又は演奏者の表現によって弾き方が二通りに分かれます。

一つは低い「ファ」を拍の頭に持ってくる弾き方です。その場合、低い「ファ」からが2分音符分の長さになります。

もう一つは高い「ファ」を拍の頭に持ってくる弾き方です。その場合、高い「ファ」からが2分音符分の長さになります。

2小節目
波線の下に矢印が付いている物もあります。この時は高い音から順番に低い音に向かって演奏します。

この場合「ファドラファ」と弾きます。弾いた音はそのまま2分音符分伸ばすので、最後の響きはやはり「ファラドファ」の和音になります。

その曲が作られた年代や作曲者、又は演奏者の表現によって弾き方が二通りに分かれます。

一つは高い「ファ」を拍の頭に持ってくる弾き方です。もう一つは低い「ファ」を拍の頭に持ってくる弾き方です。

トップへ戻る