右手16分音符4個 左手3連符

右手16分音符4個 左手3連符

右手と左手が同時に演奏するところは、1拍目の右手「ド」と左手「ド」、2拍目の右手「ド」と左手「ド」です。それ以外は重なりません。

リズム的には左手の「ドミソ」を「1○○○2○○○3○○○」と弾いた場合、右手の音は「○○2○○3○○」の場所に入ります。

しかし速く弾かなければならないので、右手2音目「レ」を弾いたらすぐに左手2音目「ミ」を弾き、右手3音目「ミ」を弾いたらすぐに左手3音目「ソ」を弾くくらいで、ちょうど良くなります。右手に合わせて左手を入れていくと収まりやすいです。

ショパン作曲の『幻想即興曲』も初めはこの方法で練習します。

トップへ戻る

Pianeysからのオススメ♪

ピアノは誰もが好きな曲で練習したいのではないでしょうか。

でも、楽譜の"つまみ食い"は結構お金がもったいない…

flowkeyなら1,500以上の曲が練習し放題。

新曲も続々追加されるので、楽譜を何冊も買うよりずっとお得です。

7日間の無料トライアルは一度利用してみる価値アリです♪

まずはflowkey公式サイトで無料アカウント作成

なお、7日間の無料トライアルはパソコンからは契約できません。

無料アカウント作成後は、

お持ちのスマートフォンにflowkeyアプリをインストールしてご利用ください。

flowkey-お気に入りの曲でピアノを学ぼう