リピート(repeat)の弾き方解説

リピート(repeat)の意味とピアノでの弾き方をサンプルの楽譜を使ってわかりやすく解説します。

今回用意した楽譜はこちら。

楽譜1
リピートマーク

楽譜2
リピートマーク

楽譜3
リピートマーク

楽譜4
リピートマーク

リピートは、何小節かを反復して演奏するときに用いる音楽記号です。

リピート記号の点々が向かい合っている場合はその間を繰り返します。

点々が向かい合っていないときは曲の初めに戻って繰り返します。

楽譜1の弾き方解説

リピートマーク

曲の途中にリピートがあり、その点々が前の小節に向いている場合です。

リピートから曲の初めに戻って演奏し、次は通り過ぎて最後まで行きます。

リピートマーク

リピートの点々がないものは終止線と言って曲の終わりを示します。

楽譜2の弾き方解説

リピートマーク

曲の最後にリピートがある場合です。終止線とリピートは一致しています。

リピートから曲の初めに戻って最後まで演奏します。

リピートマーク

楽譜3の弾き方解説

リピートマーク

曲の途中にリピートがあってその点々が後ろの小節に向いている場合です。

最初のリピートは通り過ぎて次のリピートのところまで行きます。

向かい合ったリピートの中をもう一度演奏します。

リピートマーク

楽譜4の弾き方解説

リピートマーク

リピートが背中合わせになっている場合です。

最初のリピートから曲の初めに戻って演奏し次は通り過ぎて最後まで行きます。

向かい合ったリピートの中をもう一度演奏します。

リピートマーク

【関連する音楽記号】
カッコ付きリピート(first and second ending)
ダ・カーポ(D.C.)
ダル・セーニョ(D.S.)

音楽記号一覧へ戻る

こんなお悩み、ありませんか?

発表会やコンクール前に演奏を聴いてもらいたい…

ピアノを習っているけど、他の先生の指導も受けてみたい…

独学でピアノを学んでいて、演奏に自信が持てない…

あがり症を克服したい…

PianeysのピアノLINEレッスンなら
LINEで動画を送るだけ!

あなたの演奏を徹底分析してお悩みを解決します♪

ピアノLINEレッスンを申し込む