トレモロ(tremolo)

楽譜1
トレモロ
楽譜2
トレモロ

同じ音、又は同じ和音を決まった音符で連続して演奏する奏法です。

音符は演奏される長さを表します。斜線は8分音符なら1本、16分音符なら2本というように音符に付く旗の数を表します。

楽譜1-1小節目
2分音符「ド」に斜線が1本付いている時は、8分音符で2分音符分の長さだけ「ド」を弾くということです。つまり、8分音符の「ド」を4個弾きます。

楽譜1-2小節目
4分音符「ド」に斜線が2本付いている時は、16分音符で4分音符分の長さだけ「ド」を弾くということです。つまり、16分音符の「ド」を4個弾きます。

次の「ミ」も同じトレモロで16分音符の「ミ」を4個弾きます。音符の上の小さな点はスタッカートの事なので短く切って弾きます。

楽譜2-1小節目
「ミ」と「ド」の間の線が2本なので、16分音符で2分音符分「ミドミド」と弾きます。

楽譜2-2小節目
「ミソ」の和音と「ド」の間の線が2本なので、16分音符で2分音符分「ミソ」の和音と「ド」を繰り返して弾きます。

トップへ戻る