身体を暖めて緊張をほぐす

身体を暖めて緊張をほぐす

身体を暖めることは、あがらない方法の一つです。

手が冷たいと、指が思うように動かなくてピアノの練習の成果が出せず、発表会本番で悔しい思いをすることがあります。

冬場はもちろんですが、夏の冷房でも身体が冷えることがあるので、防寒対策にカーディガンなどの上着、マフラー、手袋は用意した方が良いでしょう。

貼らないタイプのカイロも必需品です。

また、発表会本番の少し前に、漢方の葛根湯を飲んだり、温かい生姜湯や生姜紅茶を飲むと、身体の内側から暖まってきます。

舞台袖などで身体を動かす体操をすることも有効です。

手を前に伸ばして手首の所でクロスさせ、肩を前から後ろ、後ろから前に回転させると肩甲骨辺りの筋肉がほぐれ体温が上昇してきます。

他の緊張対策もあわせてご確認ください♪