本番と同じ流れで弾いてみる

本番と同じ流れで弾いてみる

なるべく本番と同じ流れで演奏してみるのも、あがらない方法の一つです。

ピアノの発表会本番での、自分の出演時刻あたりに弾いてみましょう。

普段の練習と比べて明らかな緊張感の違いを感じるでしょう。

スポーツ選手もやっているように、イメージトレーニングはとても大事です。

暗譜の練習のときには、失敗を予想して悪いイメージで練習することも大事ですが、本番の緊張対策でおこなう練習では、絶対に成功するという良いイメージを持ってください

発表会近くになったらプログラムを受け取ると思います。

曲順をチェックしておきましょう。

自分の前の人の曲を頭に入れておくと安心なので、YouTubeなどで調べて聴いてみると良いでしょう。

また、前の人の曲を聞いた後に弾いてみるのも実感が湧きます

できる限り本番と同じ流れで練習することを心がけてください。

他の緊張対策もあわせてご確認ください♪