靴を履いてペダルに馴染む

靴を履いてペダルに馴染む

靴を履いてペダルに馴染んでおくことは、あがらない方法の一つです。

発表会の前には、靴を履いてたくさん練習します。

特にペダルを踏む場合ならば、早い時期から靴を履いて練習しましょう

演奏するときに履く靴は、必ずしも履きなれた靴とは限りません。

最重要なのは「歩く」ことよりも「ペダルを踏む」ことです。

舞台で注目されるわけなので、あまりくたびれた物はよくないし、見栄えも大事です。

特に女性の場合バックバンドのないミュールなどはNGです。

見た目もおかしいし、足先の位置が安定せず、とても踏みにくいです。

爪先が開いている靴もおすすめできません。

高すぎたり細すぎるヒールも安定感がないのでやめましょう。

また、ときどきペダルを踏む音が異様に大きい人がいます。

ペダルに足をくっつけたまま踏む練習をして、ペダルを踏むときに靴の音が出ないようにしましょう。

もし舞台専用の靴を買う場合は、社交ダンス用シューズをおすすめします。

靴底に鹿革やバックスキンが貼ってあるタイプが滑らず、音も出にくいのでぴったりです。

色は黒、シルバーなどは良いでしょう。

他の緊張対策もあわせてご確認ください♪