腕や指が痛くなったときの処置は適切に

腕や指が痛くなったときの処置は適切に

ピアノの発表会本番に向けて、腕や指の状態をベストな状態に保ちましょう

身体の状態を良くして安心を得ることあがらない方法の一つです。

強い痛みに耐えて練習しても指や腕は強くなりません

痛みや違和感を感じたら、すぐに練習を中断して休ませましょう。

その大半が誤った練習方法に原因があります。

無理な指使いおかしな手の形でピアノを弾いていると、どこかが痛くなる可能性があります。

ピアノは筋肉の緊張と脱力の繰り返しです。

力を抜くことなしに弾き続けると、痛くなって当然です。

例えばトリルを何十小節弾き続けても、普通はどこも痛くありません。

とはいえ、痛くなってしまった場合は仕方がありません。

とにかく適切に処置し、早く治すように努めましょう

筋肉痛は塗り薬や湿布で処置します。

病院に行っても上記の程度の方法しかありません。

しばらく休めるのが一番なのですが、本番が近くなって完全には練習を休めないときは、ロキソニンなどの痛み止めを飲みます。

腱が痛くなったらすぐに整形外科に行きましょう。

できればスポーツ医がいるところが望ましいです。

腱鞘炎になってしまうと長引いてしまうので、場合によっては注射をすることもあります。

骨の場合も、病院に行って適切な処置をしてもらいます。

こちらは休養が必要です。

また、練習のし過ぎで、指から爪が浮いてしまうこともあります。

非常に痛いし、爪が剥がれてしまわないか不安になります。

アロンアルファを塗る人もよくいますが、サカムケアなどの液体絆創膏もあります。

いずれにしても普段の悪い練習のツケから来るので、普段から悪い癖を直し、万全の体調で本番を迎えたいものです。

他の緊張対策もあわせてご確認ください♪