自分の演奏を録音・録画する

自分の演奏を録音・録画する

自分の演奏を客観的に聞く事は、必ずやっておきましょう。

今は携帯電話などでも録音ができるので便利になりました。あまり音は良くないけれど、しないよりは良いと思います。曲を録音することによって緊張するので、緊張する練習としても、とても良いと思います。

録音した自分のピアノの演奏を聞くと、大抵の人は愕然とするでしょう。音楽的な表情の乏しさも気になると思います。曲の流れや強弱の幅に気を付けて自分の演奏を研究しましょう。

もちろん録画はより効果的です。自分のピアノを弾く姿を思い浮かべながら練習すると、また新しい発見があります。身体に力が入っているとか姿勢、指の形などもチェックできます。

ピアノの発表会の練習で自分の演奏を録音・録画してみることは、あがらない方法の一つです。