色々な照明の中で弾いておく

色々な照明の中で弾いておく

発表会の本番で色々な照明を想定して練習しておくのは、あがらない方法の一つです。

発表会の本番では、ピアノにライトが当たっていて客席は暗いのが普通です。

その方が演奏者も観客も集中できるのです。

しかし、舞台のライトの当たり方は様々です。

異常に明るかったり暗かったり…

黒鍵の影が白鍵の上に出来ている場合もあります。

気になって力が発揮できないことのないように、光に慣れておきましょう

薄暗い中で弾いてみたり、スポットライトを当ててみたりして、練習の中で色々な照明の中で弾いておくと良いでしょう。

舞台が明るいとその分暑くなります。

服装に注意しないと汗だくになる恐れがあるので、そのあたりの想定にもなります。

他の緊張対策もあわせてご確認ください♪

こんなお悩み、ありませんか?

発表会前に演奏を誰かに聴いてもらいたい…

あがり症を克服したい…

ピアノを習っているけど、他の先生の指導も受けてみたい…

独学でピアノを学んでいて、演奏に自信が持てない…

PianeysのピアノLINEレッスンなら
LINEで動画を送るだけ!

あなたの演奏を徹底分析してお悩みを解決します♪

ピアノLINEレッスンを申し込む