人前で弾く機会を作る

人前で弾く機会を作る

機会があれば色々な人に演奏を聞いてもらいましょう。自分以外に人がいると雑念が演奏中に出てきて、いつも通りにピアノを弾けないのが普通です。

間違えたらどうしよう、と思って演奏が縮こまってしまったりカッコイイところを見せたい、と力んでしまい本来の練習した音楽でないものがでてきたりします。そしてあまり出来がよくない演奏になる場合が多いです。

しかし、そこで失敗するのはむしろ良かった と受け止めましょう。今まで気が付かなかった弱点が見つかった訳です。暗譜の弱いところやテクニック的に未熟なところなど余裕がないところが浮き彫りになります。

そこを重点的に練習することで確実に進歩します。

聞かせる人がいなければ、人の写真やポスター、ぬいぐるみなど目が付いているものであればOKです。視線を感じるだけで緊張感が高まります。

人前でピアノを演奏する経験を積むことあがらない方法の一つです。