もしも暗譜が飛んでしまったら

もしも暗譜が飛んでしまったら

ピアノ発表会の緊張対策として、様々な角度からあがらない方法あがりにくい方法)をご紹介してきました。

しかし、一番の対策は「確実な暗譜」です。

暗譜に対する自信があってこその緊張対策です。

発表会本番では、一瞬でも集中力が途切れると、音を忘れてしまう事態もありえます。

しかし暗譜の練習をきっちりやっていると、失敗を最小限に留めることができるようになります。

間違っても、決して止まったり弾き直したりはしないで下さい。

ごまかして下さい!

暗譜がきっちりできていれば、様々な事故に対応できる判断力も付いています。

ごまかすのは悪いことではありません。

それができるかどうかはこれまでの練習次第です。

ごまかせるということは、練習の賜物なのです。

「この人達の中でこの曲のことを一番知っているのは自分だ」という自信を持ちましょう!

暗譜の方法については暗譜を極めるための18の方法をご覧ください。

本番の成功をお祈りしています♪