色々なピアノで弾いてみる

色々なピアノで弾いてみる

ピアノの発表会のピアノは高い確率でグランドピアノです。特に電子ピアノで練習している方はアコースティックピアノで練習する必要があります。

電子ピアノは、弾くタイミングがずれても綺麗に鳴ってくれることがありますが、アコーステイックのピアノの場合は、打鍵スピードタッチの強弱によって、音にならない場合があるからです。これは、電子ピアノがどんなにピアノの音色に近づいたとしても、避けることができない構造上の問題なのです。

楽器店などのや練習室を借りたりお友達に貸してもらうなどして十分慣れておいてください。

アコースティックピアノで練習している人も、色々なピアノで弾くことはプラスになります。アップライトとグランドピアノでは演奏者の視線の先にある景色も違うし、音の聞こえ方も違うと思います。できればグランドピアノでも練習しておきたいところです。

楽譜を見て弾く場合にはアップライトピアノとグランドピアノでは譜面台の高さも距離も違うので慣れておいたほうが良いです。

また晴れの発表会と言えども、ピアノの状態も良いピアノばかりとは限りません。発表会で演奏するピアノがどんなピアノであっても、いつも通り弾ける自信を付ければ安心です。

色々なピアノで練習しておくことは、あがらない方法の一つです。