音符
 
Top >  発表会おすすめ曲  >  雨の日のふんすい~ギロック

雨の日のふんすい~ギロック

初中級★★★
ヘ長調

手の交差の曲。

ドビュッシーやラヴェルを思わせる「水」の曲です。

ギロック作曲の発表会おすすめ曲では、作曲家の曲の一覧とあわせて、人物像を簡単に解説しています。

興味のある方は一度ご覧ください♪

構成

※記号は一応の目安~ほぼ4小節ずつ

あ(A-A’-B-C-D)
い(A’’-A’’’-E-F-G)

弾き方

A…3つの楽器で演奏しているイメージを持ちましょう。左手の1拍目、左手のメロディー、右手の伴奏。ここでは左手が主流です。

A’…Aと同じですが、左手に装飾音が入っています。 短前打音の弾き方

B…ここから転調を繰り返しながら、Eのハ長調に向かいます。緊張感を持って進んでいくことが大切です。変イ長調⇒ロ長調

C…1小節ずつ転調しています。上に行くほど音も大きくなります。ニ長調⇒変ロ長調⇒変ホ長調⇒ハ長調。噴水の高さがどんどん上がっていく感じです。

D…一旦弱いところから水が沸き上がるように弾きましょう。上昇はクレッシェンド、下降はデミヌェンドです。最後は堂々と弾きます。

A’’…Aと同じですが複前打音がたくさん入って難しいです。 複前打音の弾き方 そこだけある程度テンポを落とすのは仕方がありませんが音楽的になるように心がけましょう。

A’’’…A’とほとんど同じですが、最後の小節だけ違います。先ほどと打って変わって穏やかに弾きます。

E…噴水が止まりかけるようなイメージで。とても弱く柔らかに弾きます。フェルマータを上手に表現しましょう。

F…意を決したように再び水が上がり始めますがこれも収まります。

G…最後は思い切り華やかに演奏します。トレモロはだんだん速くします。最後の和音は一滴のしずく。

ペダルの使い方はこちらを参考にしてください。 ペダルの踏み方
ウナ・コルダ(U.C.)の踏み方

動画のピアノ演奏は参考なので、作曲者の指示した速さで弾いています。

もう少しゆっくりでも大丈夫です。

本番の演奏に備えて

発表会やコンクールなどをはじめ、舞台の上で演奏するための準備として、自分の演奏を客観的に見るのはとても大切です。

スマートフォンなどを使って、定期的に演奏を録画し、ぜひご自身の演奏を確認してみてください。

改善すべきポイントがきっと見つかります。

もしピアノ講師からのアドバイスをお求めの場合は、我々がおこなっているPianeysのピアノLINEレッスンをご利用ください。

録画した動画をLINEで送るだけで、最短当日、アドバイスをお返しいたします。


また、発表会やコンクールでの演奏は暗譜でノーミスが目標です。

丁寧な暗譜は舞台の上での演奏を成功に導く鍵です。

暗譜を極めるための15のステップでは、人前での演奏に失敗しないための完全暗譜法をお伝えしています。

興味のある方はぜひお読みください。

皆様のピアノライフを心から応援しております。

 
LINEレッスンの画面イメージ

PianeysのピアノLINEレッスン

LINEで動画を送るだけ!
あなたの演奏を徹底分析!

 
 
Pianeys(ぴあにーず)
物書きピアニスト

子どもから大人までピアノ指導する傍ら、本サイト「ピアノサプリ」を開設し運営。【弾きたい!が見つかる】をコンセプトに、演奏効果の高いピアノ曲を1000曲以上、初心者~上級者までレベルごとに紹介。文章を書く趣味が高じて、ピアノファンタジー小説「ピアニーズ」をKindleにて出版。お仕事のお問い合わせはこちらからお願いします。

  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
PianeysのピアノLINEレッスン
  • Twitter

    日々のブログに加えて、発表会で弾くのにおすすめの曲やその練習方法などをツイートしています。フォローをよろしくお願いします。

    Twitterへ

  • YouTube

    YouTubeに演奏動画をアップしています。チャンネル登録をよろしくお願いします♪

    YouTubeへ

PianeysのピアノLINEレッスン