雨の日のふんすい~ギロック

初中級★★★
ヘ長調

手の交差の曲。ドビュッシーやラヴェルを思わせる「水」の曲です。

構成 
※記号は一応の目安~ほぼ4小節ずつ
あ(A-A’-B-C-D)
い(A’’-A’’’-E-F-G)

弾き方
A…3つの楽器で演奏しているイメージを持ちましょう。左手の1拍目、左手のメロディー、右手の伴奏。ここでは左手が主流です。

A’…Aと同じですが、左手に装飾音が入っています。 短前打音の弾き方

B…ここから転調を繰り返しながら、Eのハ長調に向かいます。緊張感を持って進んでいくことが大切です。変イ長調⇒ロ長調

C…1小節ずつ転調しています。上に行くほど音も大きくなります。ニ長調⇒変ロ長調⇒変ホ長調⇒ハ長調。噴水の高さがどんどん上がっていく感じです。

D…一旦弱いところから水が沸き上がるように弾きましょう。上昇はクレッシェンド、下降はデミヌェンドです。最後は堂々と弾きます。

A’’…Aと同じですが複前打音がたくさん入って難しいです。 複前打音の弾き方 そこだけある程度テンポを落とすのは仕方がありませんが音楽的になるように心がけましょう。

A’’’…A’とほとんど同じですが、最後の小節だけ違います。先ほどと打って変わって穏やかに弾きます。

E…噴水が止まりかけるようなイメージで。とても弱く柔らかに弾きます。フェルマータを上手に表現しましょう。

F…意を決したように再び水が上がり始めますがこれも収まります。

G…最後は思い切り華やかに演奏します。トレモロはだんだん速くします。最後の和音は一滴のしずく。

ペダルの使い方はこちら↓↓
ダンパーペダル
ウナ・コルダ(U.C.)

動画のピアノ演奏は参考なので、作曲者の指示した速さで弾いています。もう少しゆっくりでも大丈夫です。

幼児~高齢者まで 、人前で暗譜演奏する方は、失敗しない暗譜の仕方を参考に練習してください。緊張を抑える方法もおすすめします。

ピアノ初心者の方
ピアノを習い始めて間もない方のピアノ発表会おすすめ曲です。音符の事をあまり知らなくても指の動きで弾ける曲など、少ない音や簡単なリズムでも音楽性の豊かな曲を集めました。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初級の方
楽譜も読めるようになり、ピアノが少し弾けるようになってきた方のピアノ発表会おすすめ曲です。タッチの強さやリズム感など個人差もあるので、タイプに合った曲を選びましょう。楽譜は簡単でも丁寧に表現すると素晴らしい曲を集めました。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初級~初中級の方
ブルグミュラー前半レベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。エキゾチックな曲、軽快な曲、美しく流れるような曲など得意なテクニックや表現力などが活かされる様々な曲をご紹介しています。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初中級の方
ブルグミュラー後半レベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。音楽性も高く印象に残る曲を集めました。オクターブが届かない方でも大丈夫な曲がほとんどです。発表会定番曲から隠れた名曲まで続々発掘中です。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初中級〜中級の方
ソナチネアルバムレベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。曲の完成度が高く、弾きがいもあり聴き映えのする名曲を集めました。スケールも大きく華やかな曲が多いです。おすすめ曲リストへ進む