学生のピアノコンクール

子どものピアノコンクールに出場していた方は、自然な流れで学生のピアノコンクールに移行していくようです。

学生のピアノコンクールも益々盛んになって来ています。

ピアノコンクールの「学生」とは、中学生から大学生までくらいを指すことが多いです。

中には小学校高学年からというところもあります。

大学院生は一般の部に分類されていることもあります。

コンクールによってまちまちなので、募集要項などでご確認ください。

学生のピアノコンクールも子どものピアノコンクールと同様、ひと昔前は学生がピアノコンクールに挑戦するのは、音楽の道に進む覚悟を持つくらいのモチベーションでしたが、現在はずいぶん敷居が低くなっていて、コンクールの数も増えています。

中学生、高校生の中には、音楽高校や音楽大学を受験する方もいるので、音楽方面の進学を目指す方とそうでない方に分けて審査するコンクールも増えてきています。

大学生も音楽大学の学生と一般大学の学生で部門が分かれています。

最近はピアノがとても上手でもピアノを仕事にせずに趣味として続けている方も多く、一般大学生の部もレベルが高くなってきています。

名門と言われる一般難関大学にはピアノサークルがあるところが多く、その学生達がこぞってピアノコンクールに挑戦したりするそうです。

また、将来音楽家を目指す方にとっては、ステージ上でしか会得出来ないものもあるため、コンクールのステージは貴重な経験です。

音楽高校や音楽大学、音楽大学院を受験する際には、一応その受験曲をコンクールで演奏してみるという学生も数多くいます。

そういう方は上位入賞を狙うというよりは、受験曲の研鑽や舞台慣れのためであり、審査員には音楽高校や音楽大学の先生方も多く、顔と演奏を覚えていただくチャンスにもなります。

もちろん頂いた講評は、今後の練習において大変参考になります。