女の子のドレス選びのポイント

ピアノコンクールとピアノ発表会では女の子のドレスを選ぶポイントが少し違います。

子ども、学生、大人についても少しずつ違うので、それぞれ参考にしてください。

子どもの場合、ピアノコンクールとピアノ発表会ではそれほど差はありませんが、華美すぎて弾きにくそうなドレスはNGです。

中学生、高校生の場合は、やはり学生らしい清潔感のある服が良い印象を与えるでしょう。

学生服でも別に構わないのですが、弾きにくいと逆にマイナスになります。

大学生の場合、ロングドレスを着ることはステージで演奏する勉強の一つなので良いと思います。

しかし、演奏会向きではないロングドレスで弾かれる方も時々いらっしゃいます。

胸が開きすぎたりピチピチだったりすると印象が悪くなるので注意しましょう。

素材も演奏会用のドレスは生地が厚くてしっかりしています。

いずれにしても、ステージマナーも採点の対象になるので、その一環として衣装を選ぶことは重要です。

弾きやすい服

ウエストがストンとなっている服は、座り方に注意しないと演奏中に背中の生地が引っ張られる可能性があります。

Aラインの洋服・ドレスが安心です。

手の交差や跳躍が多い曲は、腕や肩の周りがきつすぎると弾きにくいです。

ふんわりした長袖は演奏の邪魔になることもあるので、演奏会用のロングドレスがノースリーブが多いのはそのためです。

肌触りも重要なポイントです。チクチクして気になっては演奏に集中できないので、試着の時に注意しましょう。

会場内には主演者控室を設置しているところもあり、無くてもいざとなったらトイレでも着替えられます。

ペダルの踏みやすい靴

靴もペダルを踏む方には大変重要です。

バックバンドのないミュールなどはNGです。

見た目もおかしいし、足先の位置が安定せず、ペダルがとても踏みにくいです。

爪先が開いている物もおすすめできません。

高すぎたり細すぎるヒールも安定感がないのでやめましょう。

最近はピアノ演奏用の靴も販売されていますが、少々値段が高いので社交ダンス用シューズを使うのも一つの手です。

靴底に鹿革やバックスキンが貼ってあるタイプが滑らず、ペダル音も出にくいのでぴったりです。

必ず試着しましょう。

見た目

特にロングドレスは無地が無難です。

アクセサリー類も華美でない方が良いと思います。

着る服や履く靴が決まったら、本番と同じ格好で練習して慣れておくことが大切です。

アクセサリーを付ける人は装着して弾いてみましょう。

体温調節

コンクールの衣装は特に季節感はありません。

会場内は夏でもクーラーが効きすぎていることもあります。

上に羽織る物を必ず用意して、本番直前まで着ておきましょう。

その他、カイロ、首を暖めるストール、手袋、ハンカチなどは全季節の必需品です。