子どものピアノコンクール

子どものコンクール出場は慎重に考えましょう。

賞がもらえた時の喜び、賞がもらえなかったときのフォロー、教則本の進度が遅れるけれど貴重な経験ができることなど、長所と短所が紙一重なので、お子様の性格などを考慮した上で決めると良いと思います。

それぞれについて考えてみましょう。

ピアノコンクールにおいての子ども部門は、幼児から小学生までくらいが多いです。

ひと昔前は、子どもがピアノコンクールに挑戦するのは、音楽の道に進む覚悟を持つくらいのモチベーションでしたが、現在はずいぶん敷居が低くなっていて、コンクールの数も増えています。

ピアノ発表会とそれほど変わらない、コンサート形式のコンクールもあります。

教室の規模が小さいなど、ピアノ発表会に出られない子どもには、きちんとしたホールで人前で演奏する良い機会になると思います。

ピアノ発表会をしない代わりにピアノコンクールに出すというピアノの先生も、中にはいらっしゃいます。

コンクールによっては、奨励賞などをたくさん出して、子どもに賞を身近に感じてもらうようにしているものもあります。

確かに賞が取れると子どものモチベーションも上がり、意欲が増してきます。

しかし、そのような状況で賞が取れなかったとき、子どもの気持ちにも配慮しなければなりません。

周りがもらっているのに自分はない…というのは結構ショックだと思います。

また、この時期はたくさんの曲をこなしてテクニックや読譜力を付ける大切な期間ですが、ピアノコンクールの課題曲だけのレッスンになってしまうとその点が心配です。

教則本の進度も遅れる可能性があります。

ただ、1曲を深く丁寧にレッスンすることも大切で、子どもによってはコンクール後に飛躍的に上達することもあります。

子どものピアノコンクールも色々あるので、概要や募集要項をよく確認して選ばれると良いでしょう。