男の子もフォーマルな服装を

男の子も、ピアノコンクールではフォーマルな服装で演奏にのぞみましょう。

年齢によってもそれほど大きな違いはありませんが、注意すべき点はいくつかあるので参考にして下さい。

ステージマナーも採点の対象になるので、その一環として衣装を選ぶことは重要です。

弾きやすい服

子どもの場合、襟付きのシャツにハーフパンツか長ズボンが一般的です。

学生も大人も基本的には襟付きシャツにスラックスで大丈夫です。

蝶ネクタイやネクタイを付けている人も結構います。

ネクタイの場合、ピラピラするのが気になる時はネクタイピンを付けましょう。

ジャケットは弾きにくいので、気になるようでしたらない方がよいでしょう。

プロのピアニストはコンサートでジャケットを着ていますが、素材にこだわった特注と考えて良いと思います。

ベストを着る人も結構います。

小さなお子さんの場合、サスペンダーはあった方が良いかもしれません。

どんなに新しく綺麗でもデニム地はNGです。

色や柄

発表会では少し派手な柄物を着るかもしれませんが、コンクールでは無地の方が良いでしょう。

学生や大人のシャツは白か黒で、スラックスは黒が無難です。

ネクタイは白・黒以外がおすすめです。

ペダルの踏みやすい靴

靴もペダルを踏む方には大変重要です。

男の子や男の人の足元は黒の革靴が多いです。

しかし靴底が硬いので、ペダルを踏む時に大きな音が出てしまうことが良くあります。

最近はピアノ演奏用の靴も販売されていますが、少々値段が高いので社交ダンス用シューズを使うのも一つの手です。

靴底に鹿革やバックスキンが貼ってあるタイプが滑らず、ペダル音も出にくいのでぴったりです。

必ず試着しましょう。

自宅の練習でも毎回履いて慣れておきましょう。もちろん、衣装も着て練習して下さい。

見た目

最近男性でもアクセサリーを付ける方が多いですが、コンクールでは無い方が良いと思います。

時計など、ピアノを傷つける恐れのあるものは外しましょう。

体温調節

コンクールの衣装は特に季節感はありません。

会場内は夏でもクーラーが効きすぎていることもあります。

薄着の場合は上に羽織る物を必ず用意して、本番直前まで着ておきましょう。

その他、カイロ、ハンカチなどは用意しておいた方が良いでしょう。