ピアノコンクールに出場する意味

ピアノコンクールもピアノ発表会も、人前で暗譜演奏するという点では同じです。

ではピアノコンクールとピアノ発表会の違いは何でしょう?

ピアノコンクールに出場する意味を考えます。

特にピアニストを目指す人にとっては、ステージ経験を積むことは大変重要で、ステージ上で進化すると言っても過言ではありません。

高位入賞すると演奏活動をバックアップしてもらうチャンスをいただけるかもしれないし、留学の道が開けるかもしれません。

さらにそのようなキャリアを積んでいくと、演奏や音楽指導の仕事にも有利になるでしょう。

そうでない人にとっても、ピアノコンクールは順位が付くので、自分がどれくらいの演奏レベルかということを知ることができます。

また、たいていのコンクールでは審査員の先生方の直筆によるアドバイスがいただけます。

今習っているピアノの先生とは違う視点からのアドバイスは、自分に足りないものなど今後の課題がさらに良くわかります。

実はピアノコンクールにはそれよりも大きな収穫があります。

ピアノコンクールにはコンクールを受けてみようという意思を持った、自分と同年代の人がたくさん集まります。

同じ趣味や悩みを共有できる仲間に出会えるかもしれません。

音楽友達を見つける絶好のチャンスです。

普段の交流がなくても、コンクールでいつも顔を合わせてピアノの話ができるというだけでも素敵なことだと思います。