大人のピアノコンクール

ピアノが好きなアマチュアの方と、音楽大学などを卒業していたり音楽の指導に従事している方では当然レベルが違います。

大人の方はどのようなピアノコンクールを選べば良いのでしょうか?

大人のピアノコンクールの参加資格は、たいてい4年制大学を卒業した年齢から始まります。

これは、音楽大学を卒業しているかどうかということが関係してくるからです。

大学院に通っている場合も、学生ではなく大人(一般)の部に分類されるところもあるので、募集要項などで確認しましょう。

ピアノコンクールの受験部門には色々な選択肢があり、特に最近は音大を卒業している方とそうでない方を区別しているコンクールが目立ちます。

また、高度な演奏技術を持っていても、仕事を音楽以外の道に決めて音楽大学に行かないという選択をされる方が増えています。

そういう方が、研鑽や発表の場としてコンクールに出場されるので、アマチュアの部でも年々レベルが高くなっているように感じます。

一方シニア部門や、ピアノを始めた年齢が遅かった方を対象にしているピアノコンクールや部門もあります。

暗譜でなくてもOKという気軽に参加できるコンクールもあります。

自分に合ったレベルの部門に挑戦しましょう。