音符
 
Top >  発表会おすすめ曲  >  ジャズ組曲 2.Interlude~グレンダ・オースティン

ジャズ組曲 2.Interlude~グレンダ・オースティン

初中級★★★
へ短調

ジャズ組曲の全3曲あるうちの第2曲目です。

Interludeは間奏曲という意味です。

単独演奏も素敵ですが、全3曲演奏するととても映えるので、余裕のある方は挑戦してみてください。

グレンダ・オースティン作曲の発表会おすすめ曲では、作曲家の曲の一覧とあわせて、人物像を簡単に解説しています。

興味のある方は一度ご覧ください♪

楽譜はこちら。

クラッシー・ジャズ・ポケット – グレンダ・オースティン

構成

効率よく暗譜するためにも参考にしてください。

暗譜を極めるための15のステップの中でSTEP.2に該当します。

※記号は一応の目安~ほぼ4小節ずつ

あ{A-B}
い{C-D}
あ’{A’-B’(5小節)}

弾き方

Andante cantabile con rubato「自由に、ゆったりと歌うように」

A…legato「なめらかに」フレーズの真ん中をふくらませるようにして、フレーズの終わりは一区切りつきます。 poco rit.「少しゆっくり」 左手の下の音の動きを意識しましょう。ペダルは踏み継いでいきます。 ペダルの踏み方

B…書いていませんが、もとの速さに戻ります。Aよりも早い段階で盛り上がりがあり、時間をかけて収まります。

C…前の小節からペダルが続いています。どこからともなく湧き上がってきたように弾きましょう。わざとペダルで音をにじませています。 piu mosso「今までよりも速く」 調性もどんどん変化していきます。前半は変イ長調、後半は変へ長調(ホ長調)です。

D…変ホ長調~変ニ長調~ハ短調と変化は続きます。それぞれの気分で弾いてください。

A’…Aの変奏で、Aのテンポに戻ります。終わりはゆっくりしません。

B’…後半2小節はサラッと弾きましょう。 アルペジオの弾き方 8vaの弾き方

動画のピアノ演奏は参考なので、作曲者の指示した速さで弾いています。

違う速さでも大丈夫です。

本番の演奏に備えて

発表会やコンクールなどをはじめ、舞台の上で演奏するための準備として、自分の演奏を客観的に見るのはとても大切です。

スマートフォンなどを使って、定期的に演奏を録画し、ぜひご自身の演奏を確認してみてください。

改善すべきポイントがきっと見つかります。

もしピアノ講師からのアドバイスをお求めの場合は、我々がおこなっているPianeysのピアノLINEレッスンをご利用ください。

録画した動画をLINEで送るだけで、最短当日、アドバイスをお返しいたします。


また、発表会やコンクールでの演奏は暗譜でノーミスが目標です。

丁寧な暗譜は舞台の上での演奏を成功に導く鍵です。

暗譜を極めるための15のステップでは、人前での演奏に失敗しないための完全暗譜法をお伝えしています。

興味のある方はぜひお読みください。

皆様のピアノライフを心から応援しております。

 
LINEレッスンの画面イメージ

PianeysのピアノLINEレッスン

LINEで動画を送るだけ!
あなたの演奏を徹底分析!

 
 
Pianeys(ぴあにーず)
物書きピアニスト

子どもから大人までピアノ指導する傍ら、本サイト「ピアノサプリ」を開設し運営。【弾きたい!が見つかる】をコンセプトに、演奏効果の高いピアノ曲を1000曲以上、初心者~上級者までレベルごとに紹介。文章を書く趣味が高じて、ピアノファンタジー小説「ピアニーズ」をKindleにて出版。お仕事のお問い合わせはこちらからお願いします。

  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
PianeysのピアノLINEレッスン
  • YouTube

    発表会で弾くのにオススメの曲を多数紹介。チャンネル登録者数 1.5万人突破!チャンネル登録をよろしくお願いします♪

    YouTubeへ

  • Twitter

    Twitterへ

  • Instagram

    Instagramへ

  • TikTok

    TikTokへ

PianeysのピアノLINEレッスン