キャンドルライトで踊るワルツ~グレンダ・オースティン

初級~初中級★★☆
へ長調

上品で華やかな雰囲気のワルツです。

同じフレーズが繰り返されるので譜読みは楽ですが、単調な弾き方にならないように注意しましょう。

グレンダ・オースティン作曲の発表会おすすめ曲では、作曲家の曲の一覧とあわせて、人物像を簡単に解説しています。興味のある方は一度ご覧ください♪

構成
※記号は一応の目安~ほぼ4小節ずつ
あ{A-B-A-B’}
い{C-C’-C’’-C’’’(3小節)}
う{D}
あ’{A’-B’’-A’-E-E’)
え{F(6小節)}

弾き方
Allegretto「やや速く」ゆっくり過ぎると幼稚に聞こえるので、ある程度速い方が良いと思います。

A、B…左手の各小節の1拍目は「ファ・ミ・♭ミ・レ・♭レ・ド・シ」とヘ長調の音階になっていることを意識しましょう。
Bの最後はpoco rit.「少しゆっくり」します。
ペダルの使い方 踏み継ぎペダルです。曲の最後まで1小節ごとに踏み継いでいくよう指示があります。

C…左手の2拍目が大きくならないように注意してください。

C’…フレーズの終わりはC’’の頭です。弱く閉じます。

C’’…8vaの弾き方 音量もうんと控えめにします。

D…経過的なところです。 broadly「広がって」=allargando「だんだん強く、ゆっくり」

E…15maの弾き方

F…テンポを遅くしないで堂々と締めくくりましょう。

動画のピアノ演奏は参考なので作曲者の指示した速さで弾いています。もう少しゆっくりでも大丈夫です。

人気ランキング

発表会で聴き映えのするおすすめ曲を人気順にランキング形式で掲載しています。曲は難易度ごとにレベル分けしているので、あなたにぴったりな1曲が見つけやすくなっています。 ランキングを見る

人気急上昇ランキング

発表会で聴き映えのするおすすめ曲で人気が急上昇しているものをランキング形式で掲載しています。曲は難易度ごとにレベル分けしています。最近話題になっている曲やPianeysが新しく追加した曲がランクインしやすい特徴があります。 ランキングを見る

ピアノソロのおすすめ曲

発表会におすすめのソロ曲をレベル別に紹介しています。作曲家別に曲を選ぶこともできます。演奏動画と楽譜情報も掲載しています。

ピアノ初心者の方
ピアノを習い始めて間もない方のピアノ発表会おすすめ曲です。音符の事をあまり知らなくても指の動きで弾ける曲など、少ない音や簡単なリズムでも音楽性の豊かな曲を集めました。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初級の方
楽譜も読めるようになり、ピアノが少し弾けるようになってきた方のピアノ発表会おすすめ曲です。タッチの強さやリズム感など個人差もあるので、タイプに合った曲を選びましょう。楽譜は簡単でも丁寧に表現すると素晴らしい曲を集めました。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初級~初中級の方
ブルグミュラー前半レベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。エキゾチックな曲、軽快な曲、美しく流れるような曲など得意なテクニックや表現力などが活かされる様々な曲をご紹介しています。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初中級の方
ブルグミュラー後半レベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。音楽性も高く印象に残る曲を集めました。オクターブが届かない方でも大丈夫な曲がほとんどです。発表会定番曲から隠れた名曲まで続々発掘中です。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初中級〜中級の方
ソナチネアルバムレベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。曲の完成度が高く、弾きがいもあり聴き映えのする名曲を集めました。スケールも大きく華やかな曲が多いです。おすすめ曲リストへ進む
作曲家別に選びたい方
ピアノ発表会おすすめ曲を作曲家別にまとめています。作曲家の出身・時代・曲の傾向や特徴など、簡単な説明を添えています。作曲家別に選ぶ
カテゴリー別に選びたい方
ピアノ発表会おすすめ曲をカテゴリー別にまとめています。発表会で演奏する曲を、曲の特徴や作曲家の時代などからカテゴリー別に選びたい方は参考にしてみてください。カテゴリー別に選ぶ

自分のピアノのレベルの判断に迷う方は【初級?中級?上級?】ピアノのレベルの判断基準は”ピアノIQ”を参考にご覧ください。

ピアノ連弾のおすすめ曲

ピアノ発表会におすすめの連弾曲を紹介しています。幅広い難易度でおすすめの曲を一覧にしています。演奏動画と楽譜情報も掲載しています。ピアノの連弾についておすすめ曲リストへ進む

ピアノ発表会におすすめの楽譜

ピアノ発表会おすすめ曲が掲載されている楽譜を一覧で紹介します。発表会だけではなく、普段のレッスンでも利用できる内容の濃いものばかりです。おすすめ楽譜リストへ進む

演奏を成功に導く暗譜と緊張対策

発表会での演奏は暗譜でノーミスが目標です。また、人前での演奏は緊張しますが、自信を持って十分に表現しないといけません。丁寧な暗譜と適切な緊張対策は、発表会を成功に導く鍵です。暗譜を極めるための18の方法発表会での緊張を抑える18の準備を、発表会で演奏する予定のある方はぜひ参考にしてみてください。

発表会・コンサートのマナー

たとえあなたが演奏者としてピアノの発表会に参加していたとしても、自分の演奏の前後は他の演奏者の聞き手です。発表会を目一杯楽しむために、写真撮影や拍手のタイミングなど、聞き手としてのマナーを知っておきましょう。知っていると安心!発表会・コンサートのマナーで紹介しています。