ピアノ講師がflowkeyのレッスンコース「中級ピアノテクニック」を受講してみた

ドイツ発のピアノ練習アプリflowkey【アプリ版】では、ピアノや音楽理論の基礎が学べるレッスンコースが用意されています。

このページでは、Pianeysが「中級ピアノテクニック」コースを実際に受講し、レビューしています

flowkeyは、好きな曲がただ弾けるようになるだけでなく、しっかり基礎から学べるように工夫されている点も魅力的です♪

Pianeysのオススメの使い方も載せておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

※このページは2020年5月時点の情報をもとに作成しました。flowkeyは随時アップデートされており、現在ではサービス内容が変わっている可能性があるため、flowkeyの公式サイトもあわせてご確認ください。

このコースの目的

「中級ピアノテクニック」コースの特徴は、多くの音やリズムを学び、さらに演奏する楽しさを知るということです。

両手で曲が弾ける方を対象にしていて、曲のスピードも速くなっています。

私の感覚では、もっと上のレベルを想像していましたが、flowkeyでは指くぐりや指かぶせ、#(シャープ)、♭(フラット)などの説明から始まり、まだ初心者~初級の域を出ていないと感じました。

曲のエクササイズになると、中級程度の方の初見にはちょうど良いレベルです。

このコースを修了したら、曲を選んでレパートリーを増やしていきましょう。

また「コードをマスターする」「長調と短調」コースにもトライしてください。

このコースの待機モードを使って応用練習ができます。

Pianeysのオススメflowkey活用法として紹介していますので、ピアノ経験者の方はぜひ併せてご確認ください。

※待機モードとは、flowkeyがピアノの音を感知する練習モードです。このモードを設定しているときは、正確な音を感知しない限り楽譜が進行しません。

実体験レビュー

flowkeyの「中級ピアノテクニック」コースを受講しました。

flowkey-「中級ピアノテクニック」コース

以下の点が良いと感じました。

教室さながら
実際の曲で今後どうやって練習すればよいかということが示されています。
「片手ずつ練習→4小節程度のフレーズごとに区切って練習→8小節つなげてみる→全体を通す」という一連の練習は、ピアノの教室レッスンでもよく見られる指導の流れです

続いて、注意点です。

指使いは自分でしっかり守る必要あり
指使いを間違えてもチェックされません(音が合っていればOKと判定されます)が、自分の勉強のためにはきっちり守ることが大切です。

なお、flowkey全体としての良い点や利用上注意すべき点はトップページでまとめているので、あわせてご確認ください。

Pianeysのオススメflowkey活用法

flowkeyの「待機モード」は楽譜と同じ音を弾いていれば、違う音が混ざり込んでも感知してくれます

また、音を間違えても弾き直した音が合っていればOKなので、音の数を自由に増やして弾くのもアリということです。

つまり、アイデア次第で色々な指のトレーニングや音感訓練に活かせます

まず、flowkeyを使ったPianeysオススメのテクニック練習法です。

同音連打の練習
「ドレミファ」(楽譜1)と弾くところを「ドドドド・レレレレ・ミミミミ・ファファファファ」(楽譜2)と弾きます
楽譜1
楽譜2
トリル・トレモロの練習
「ミファソファ」(楽譜3)と弾くところを「ミファミファミファミファ・ソファソファソファソファ」(楽譜4)と弾きます
楽譜3
楽譜4
オクターブの練習
単音をオクターブで弾きます。例えば楽譜の音が「ミ」の場合、「1」と「5」の指、または「1」と「4」(楽譜5)の指を用いてオクターブで弾きます。その他、楽譜上の音を入れた3度練習などもできます。
楽譜5
ピアニッシモ(非常に弱い音)で弾く練習
ピアニッシモで弾くことはテクニックと神経を使うので、良い練習になります。
flowkeyはアコースティックピアノでもかなり弱い音も感知してくれます。
逆に感知できなければ、タッチが悪いということです。

続いて、flowkeyを使ったPianeysオススメの音感練習法です。

歌の練習
人間の声にも反応するので、歌う時の正しい音の高さのチェックができます。(ソルフェージュ)
耳コピの訓練
楽譜を見ずに音を聞き取ってからピアノで弾いてみます。
音が合っていなければ次に進めません。聞き取る数をどんどん増やして行きましょう。
またフレーズや曲をまるごと覚えてから弾いてみると耳が鍛えられます。

まとめ

flowkeyの「中級ピアノテクニック」コースを受講しました。

多くの音やリズムを学び、スピード感のある曲も入ってくるので、演奏する楽しさをより一層感じられました。

また、実際の曲で今後どうやって練習すればよいかということが示されています。

片手ずつ練習→4小節程度のフレーズごとに区切って練習→8小節つなげてみる→全体を通す」という一連の練習は、ピアノの教室レッスンでも指導される流れなので、身につけておきましょう。

このコースは両手で曲が弾ける方を対象にしています。

このコースを修了したら、【初心者コース】から曲を選んでレパートリーを増やしていきましょう。

また、「コードをマスターする」コースや「長調と短調」コースの受講もおすすめします。

Pianeysからのオススメ♪

ピアノは誰もが好きな曲で練習したいのではないでしょうか。

でも、楽譜の"つまみ食い"は結構お金がもったいない…

flowkeyなら1,500以上の曲が練習し放題。

新曲も続々追加されるので、楽譜を何冊も買うよりずっとお得です。

7日間の無料トライアルは一度利用してみる価値アリです♪

まずはflowkey公式サイトで無料アカウント作成

なお、7日間の無料トライアルはパソコンからは契約できません。

無料アカウント作成後は、

お持ちのスマートフォンにflowkeyアプリをインストールしてご利用ください。

flowkey-お気に入りの曲でピアノを学ぼう