ピアノ講師がflowkeyのレッスンコース「両手で弾く練習」を受講してみた

ドイツ発のピアノ練習アプリflowkey【アプリ版】では、ピアノや音楽理論の基礎が学べるレッスンコースが用意されています。

このページでは、Pianeysが「両手で弾く練習」コースを実際に受講し、レビューしています

flowkeyは、好きな曲がただ弾けるようになるだけでなく、しっかり基礎から学べるように工夫されている点も魅力的です♪

Pianeysのオススメの使い方も載せておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

※このページは2020年5月時点の情報をもとに作成しました。flowkeyは随時アップデートされており、現在ではサービス内容が変わっている可能性があるため、flowkeyの公式サイトもあわせてご確認ください。

このコースの目的

「両手で弾く練習」コースの特徴は、両手が役割を持ってそれぞれ動く練習をするということです。

それがメロディーであったり伴奏であったりします。

どうしても利き手の方が動きやすいと思いますが、苦手なパートは繰り返して練習することにより、同じようになめらかに弾けるようになります。

休符や和音も登場して、一気にメロディーの幅が広がります。

付点音符やタイも出てくるので、シンコペーション等リズムのパターンも広がります。

ピアノにふれてみよう」と「読譜の練習」を修了された方が対象ですが、既に両手で弾ける方はこちらから始めても良いでしょう。

このコースが修了したら「中級ピアノテクニック」に進むとよいと思います。

また「コードをマスターする」「長調と短調」コースにもトライしてみましょう。

このコースの待機モードを使って応用練習ができます。

Pianeysのオススメflowkey活用法として紹介していますので、ピアノ経験者の方はぜひ併せてご確認ください。

※待機モードとは、flowkeyがピアノの音を感知する練習モードです。このモードを設定しているときは、正確な音を感知しない限り楽譜が進行しません。

実体験レビュー

flowkeyの「両手で弾く練習」コースを受講しました。

flowkey-「両手で弾く練習」コース

以下の点が良いと感じました。

弾けるようになると満足感がある
耳なじみのある曲が使われているので、その分、弾けるようになると満足感があります。
練習曲は「歓喜の歌」「草競馬」「聖者の行進」などです。
「歓喜の歌」は「ピアノにふれてみよう」コースの右手の練習で取り上げられていますが、こちらでは左手で伴奏を付けているので、進歩した実感が持てるでしょう。
さらに「歓喜の歌」コードバージョンもあり、和音に親しむことができます。
クラシックではバッハの「ミュゼット」が弾けるようになります。

続いて、注意点です。

両手でのなめらかな演奏を自分で心がける必要あり
初心者の方が両手で弾くときに難しいのは、両手共になめらかにつなげて弾くということです。
一番弾きにくいのは、メロディーに対して伴奏が同じ音で進む場合です。
コツは伴奏を少し短めに切って、メロディーがつながっているのを確認しながら次の音を弾くのですが、このことをオンラインレッスンで伝えるのはとても難しいです。
自分の耳で良く聞きながら練習を重ねるしかありません。
flowkeyの模範演奏はわざと切って弾いていますが、本来のメロディーは切れないのでなめらかに弾けるようにトライしてみましょう。
楽譜通りの演奏を自分で心がける必要あり
両手で弾いてもflowkeyは全ての音を感知しているわけではありません。
ここぞという音に絞ってチェックしているようなので、少々間違えても正解のように判定される場合がありますが、なるべく楽譜通りに弾くようにがんばりましょう。

なお、flowkey全体としての良い点や利用上注意すべき点はトップページでまとめているので、あわせてご確認ください。

Pianeysのオススメflowkey活用法

flowkeyの「待機モード」は楽譜と同じ音を弾いていれば、違う音が混ざり込んでも感知してくれます

また、音を間違えても弾き直した音が合っていればOKなので、音の数を自由に増やして弾くのもアリということです。

つまり、アイデア次第で色々な指のトレーニングや音感訓練に活かせます

まず、flowkeyを使ったPianeysオススメのテクニック練習法です。

跳躍や和音でのレガートの練習
両手の楽譜を片手のみで弾くと、跳躍や和音でのレガートの良い練習になります。
手をクロスして弾く練習
手をクロスして弾く練習もできます。
右手でヘ音記号のパートを、左手でト音記号のパートを弾きます。
ピアニッシモ(非常に弱い音)で弾く練習
ピアニッシモで弾くことはテクニックと神経を使うので、良い練習になります。
flowkeyはアコースティックピアノでもかなり弱い音も感知してくれます。
逆に感知できなければ、タッチが悪いということです。

続いて、flowkeyを使ったPianeysオススメの音感練習法です。

歌の練習
人間の声にも反応するので、歌う時の正しい音の高さのチェックができます。(ソルフェージュ)
耳コピの訓練
楽譜を見ずに音を聞き取ってからピアノで弾いてみます。
音が合っていなければ次に進めません。
聞き取る数をどんどん増やして行きましょう。
またフレーズや曲をまるごと覚えてから弾いてみると耳が鍛えられます。

最後に、flowkeyを使ったPianeysオススメの即興演奏の練習法です。

伴奏付け
音が複数になっても楽譜の音が入っていれば感知してくれます。
少し複雑な伴奏付けを試してみましょう。
ただし、楽譜の音が弱すぎると他の音に紛れてしまうので、メロディラインは少し強めに弾く注意が必要です。

まとめ

flowkeyの「両手で弾く練習」コースを受講しました。

このコースでは、左右の手がメロディーまたは伴奏などの役割を持って、それぞれ動く練習をしました。

両手で弾くことによりメロディーやリズムの幅も広がり、ますますピアノが楽しくなります。

ピアノにふれてみよう」と「読譜の練習」を修了された方が対象ですが、既に両手で弾ける方はこちらから始めても良いでしょう。

このコースが修了したら「中級ピアノテクニック」に進むとよいと思います。

また、「コードをマスターする」コースや「長調と短調」コースにもトライしてみましょう。

Pianeysからのオススメ♪

ピアノは誰もが好きな曲で練習したいのではないでしょうか。

でも、楽譜の"つまみ食い"は結構お金がもったいない…

flowkeyなら1,500以上の曲が練習し放題。

新曲も続々追加されるので、楽譜を何冊も買うよりずっとお得です。

7日間の無料トライアルは一度利用してみる価値アリです♪

まずはflowkey公式サイトで無料アカウント作成

なお、7日間の無料トライアルはパソコンからは契約できません。

無料アカウント作成後は、

お持ちのスマートフォンにflowkeyアプリをインストールしてご利用ください。

flowkey-お気に入りの曲でピアノを学ぼう