ピアノ講師がflowkeyのレッスンコース「ピアノにふれてみよう」を受講してみた

ドイツ発のピアノ練習アプリflowkey【アプリ版】では、ピアノや音楽理論の基礎が学べるレッスンコースが用意されています。

このページでは、Pianeysが「ピアノにふれてみよう」コースを実際に受講し、レビューしています

flowkeyは、好きな曲がただ弾けるようになるだけでなく、しっかり基礎から学べるように工夫されている点も魅力的です♪

Pianeysのオススメの使い方も載せておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

※このページは2020年5月時点の情報をもとに作成しました。flowkeyは随時アップデートされており、現在ではサービス内容が変わっている可能性があるため、flowkeyの公式サイトもあわせてご確認ください。

このコースの目的

「ピアノにふれてみよう」コースの特徴は、片手ずつピアノで旋律を弾いてみることです。

両手で弾く曲はまだありません。

ピアノを弾いたことはあるけれど、もう一度最初からやり直してみたいという方が対象です。

このコースを受講すると、ピアノの感覚を思いだし、弾くことに対する不安がなくなるでしょう。

ピアノが全く初めてという方でも、とてもわかりやすいのでチャレンジしてみてください。

心配な方は「読譜の練習」コースから入っていただくとスムーズです。

「ピアノにふれてみよう」は手の形から入るコースで、「読譜の練習」は楽譜を読み、音を覚えるコースです。

どちらも大事です。

既に両手で弾ける方は、「ピアノにふれてみよう」と「読譜の練習」コースを飛ばしても良いと思います

また、このコースを修了されたら「両手で弾く練習」コースに進むとよいでしょう。

このコースの待機モードを使って応用練習ができます。

Pianeysのオススメflowkey活用法として紹介していますので、ピアノ経験者の方はぜひ併せてご確認ください。

※待機モードとは、flowkeyがピアノの音を感知する練習モードです。このモードを設定しているときは、正確な音を感知しない限り楽譜が進行しません。

実体験レビュー

flowkeyの「ピアノにふれてみよう」コースを実際に受講しました。

flowkey-「ピアノにふれてみよう」コース

以下の点が良いと感じました。

弾けるようになると満足感がある
耳なじみのある曲が使われているので、その分、弾けるようになったときに満足感が大きいです。
例えば、右手のCポジション(ドレミファソ)だけで弾ける曲なら、「歓喜の歌」「聖者の行進」「ミセス・ロビンソン」など。
左手のCポジション(ドレミファソ)だけで弾ける曲なら、「オーラ・リー」「メキシカン・ハット・ダンス」などがあります。
flowkey-CポジションCポジション
音楽理論の簡単な説明も
音符や休符について簡潔に説明されているので、今更聞けない基本的なことを知ることができます。
知っている方も一度聞いておいても苦にならないほどサクサク進みます。

続いて、注意点です。

リズムのチェックはメトロノーム音と映像で
4分音符に2分音符や全音符が加わると色々なリズムが生まれます。
待機モードは正しい音を感知するまで待機する機能なので、音のチェックはできますが、リズムのチェックはできません。
自分の弾いているリズムが合っているかどうかは、模範演奏のメトロノーム音と映像を結び付けてチェックしましょう。
flowkey-リズム

なお、flowkey全体としての良い点や利用上注意すべき点はトップページでまとめているので、あわせてご確認ください。

Pianeysのオススメflowkey活用法

flowkeyの「待機モード」は楽譜と同じ音を弾いていれば、違う音が混ざり込んでも感知してくれます

また、音を間違えても弾き直した音が合っていればOKなので、音の数を自由に増やして弾くのもアリということです。

つまり、アイデア次第で色々な指のトレーニングや音感訓練に活かせます

まず、flowkeyを使ったPianeysオススメのテクニック練習法です。

同音連打の練習
例)『歓喜の歌』「ミミファソ」(楽譜1)と弾くところを「ミミミミ・ミミミミ・ファファファファ・ソソソソ」(楽譜2)と弾きます。
楽譜1
楽譜2
トリル、トレモロの練習
例)『歓喜の歌』「ミミファソ」(楽譜1)と弾くところを「ミファミファミファミファ・ファソファソファソファソ」(楽譜3)と弾きます。
楽譜1
楽譜3
オクターブの練習
単音をオクターブで弾きます。例えば楽譜の音が「ミ」の場合、「1」と「5」の指、または「1」と「4」の指(楽譜4)を用いてオクターブで弾きます。その他、楽譜上の音を入れた3度練習などもできます。
楽譜4
指使いにこだわらず色々やってみる
例えば「1」「2」の指のみ(楽譜5)でレガートで弾きます。
または「1-2」(楽譜6)、「1-3」(楽譜7)などの指替えで弾きます。
これらの練習はハノンやバーナムでも行われています。
楽譜5
楽譜6
楽譜7
ピアニッシモ(非常に弱い音)で弾く練習
ピアニッシモで弾くことはテクニックと神経を使うので、良い練習になります。
flowkeyはアコースティックピアノでもかなり弱い音も感知してくれます。
逆に感知できなければ、タッチが悪いということです。

続いて、flowkeyを使ったPianeysオススメの音感練習法です。

歌の練習
人間の声にも反応するので、歌う時の正しい音の高さのチェックができます。(ソルフェージュ)
耳コピの訓練
楽譜を見ずに音を聞き取ってからピアノで弾いてみます。
音が合っていなければ次に進めません。聞き取る数をどんどん増やして行きましょう。
またフレーズや曲をまるごと覚えてから弾いてみると耳が鍛えられます。

最後に、flowkeyを使ったPianeysオススメの即興演奏の練習法です。

伴奏付け
音が複数になっても楽譜の音が入っていれば感知してくれます。
片手のメロディーにもう片方の手で伴奏付けを試してみましょう。
ただし、楽譜の音が弱すぎると他の音に紛れてしまうので、メロディラインは少し強めに弾く注意が必要です。

まとめ

flowkeyの「ピアノにふれてみよう」コースを受講しました。

このコースには、両手で弾く曲はまだありません

Cポジション(右手のドレミファソ、または左手のドレミファソ)だけで弾ける曲から始まり、少しずつ違う種類の音符を取り入れながら練習しました。

片手ずつピアノを弾いてみて、メロディーが弾ける楽しさを感じてください。

ピアノが全く初めてという方、ピアノを弾いたことはあるけれどもう一度最初からやり直してみたいという方が対象です。

「ピアノにふれてみよう」は手の形から入るコースで、「読譜の練習」は楽譜を読み、音を覚えるコースです。

2つのコースは前後しても大丈夫です。

このコースを修了されたら「両手で弾く練習」コースに進むとよいでしょう。

Pianeysからのオススメ♪

ピアノは誰もが好きな曲で練習したいのではないでしょうか。

でも、楽譜の"つまみ食い"は結構お金がもったいない…

flowkeyなら1,500以上の曲が練習し放題。

新曲も続々追加されるので、楽譜を何冊も買うよりずっとお得です。

7日間の無料トライアルは一度利用してみる価値アリです♪

まずはflowkey公式サイトで無料アカウント作成

なお、7日間の無料トライアルはパソコンからは契約できません。

無料アカウント作成後は、

お持ちのスマートフォンにflowkeyアプリをインストールしてご利用ください。

flowkey-お気に入りの曲でピアノを学ぼう