エチュード~ハチャトゥリアン

初中級★★★
ハ短調(調号は未使用)

不思議系の曲。運動系。表現力に自信のない人向きでも、8分音符のスタッカートを正確に弾き、強弱の幅を出せば難しい曲に聞こえます。

この曲は半音で進行しているところを確認すれば、暗譜がしやすくなります。メロディーの和音は上の音だけではなく、全部の音を均等に響かせて厚みを出しましょう。

構成
※記号は一応の目安~ほぼ4小節ずつ
あ{A-B-C-D(3小節)-E-F(2小節)}
い{A’-B’-G(6小節)-H(3小節)}
う{I-I’(6小節)-J(3小節)}
え{A-B-C-D’(3小節)-K(5小節)-L(5小節)}

弾き方
A…「sempre staccato」「senza Ped.」とあるように、常に左手はスタッカートでペダルも使わず軽快に演奏します。左手は半音ずつの移動になっています。

B…装飾音は短前打音です。 短前打音の弾き方
左手は引き続き半音ずつの移動です。

C…後半は急激にクレッシェンドします。この辺りまで左手は規則的に進行しているので、譜読みと共に暗譜してしまいましょう。

D…リズムの特徴が良く出るようにしっかり弾きます。最後の小節で少し気持ちを整えます。

E…底から緊張感を持って上昇します。3、4小節目の右手は「2」の指にアクセントを付ける感じで。

F…第1部の終わりです。フォルテのまま終わります。

A’…第2部の始まりで、ヘ短調になっています。第1部と同じスタートです。

G…同じ規則で動いています。譜読みの段階で規則を見つけましょう。

H…「ファ」の連打は次のIから伴奏になります。移行に注意しましょう。

I、I’…右手和音もややこしそうですが、半音階の規則に従っているので覚えやすいです。

J…第2部の終わりです。第3部に入る気持ちの準備をします。

D’…Dとどこが違うかしっかり確認しておきましょう。間違えるとまた最初に戻ってしまいます。

K…左手がリードして最後まで突っ走ります!指使いはこの通りでなくても良いですが、その場しのぎではなくきちんと頭に入れておきましょう。

L…唯一のペダル記号です。 ペダルの踏み方

動画のピアノ演奏は参考なので、作曲者の指示した速さで弾いています。もう少しゆっくりでも大丈夫です。

幼児~高齢者まで 、人前で暗譜演奏する方は、失敗しない暗譜の仕方を参考に練習してください。緊張を抑える方法もおすすめします。

ピアノ初心者の方
ピアノを習い始めて間もない方のピアノ発表会おすすめ曲です。音符の事をあまり知らなくても指の動きで弾ける曲など、少ない音や簡単なリズムでも音楽性の豊かな曲を集めました。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初級の方
楽譜も読めるようになり、ピアノが少し弾けるようになってきた方のピアノ発表会おすすめ曲です。タッチの強さやリズム感など個人差もあるので、タイプに合った曲を選びましょう。楽譜は簡単でも丁寧に表現すると素晴らしい曲を集めました。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初級~初中級の方
ブルグミュラー前半レベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。エキゾチックな曲、軽快な曲、美しく流れるような曲など得意なテクニックや表現力などが活かされる様々な曲をご紹介しています。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初中級の方
ブルグミュラー後半レベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。音楽性も高く印象に残る曲を集めました。オクターブが届かない方でも大丈夫な曲がほとんどです。発表会定番曲から隠れた名曲まで続々発掘中です。おすすめ曲リストへ進む
ピアノ初中級〜中級の方
ソナチネアルバムレベルの方のピアノ発表会おすすめ曲です。曲の完成度が高く、弾きがいもあり聴き映えのする名曲を集めました。スケールも大きく華やかな曲が多いです。おすすめ曲リストへ進む