音符
 
Top >  発表会おすすめ曲  >  蝶々~ゲール

蝶々~ゲール

初級★★★
イ短調~イ長調

蝶々がひらひら飛んでいる様子の曲。

重くならないようにある程度の速さは必要です。

テクニック的にはそれほどでもありませんが、速く弾けば難しい曲に聞こえます。

また、強弱をはっきり付ければ表現が苦手な人でもそれなりになります。

蝶々は生まれた場所から遠くない範囲で行動するそうです。

同じメロディーが多いのは、生まれた所の近くのお花に戻っているということかもしれませんね。

ゲール作曲の発表会おすすめ曲では、作曲家の曲の一覧とあわせて、人物像を簡単に解説しています。

興味のある方は一度ご覧ください♪

構成

※記号は一応の目安~ほぼ4小節ずつ

あ(A-A-B)
い(C-D-C-D’-E-F-E-F’-C-D-C-D’)
う(G-H-G-H’-I-I’-J-G-H-G-H’)
え(K-L-K-L’)

弾き方

A…蝶々が上に飛び立つようなイメージ。

B…前半は不安げに、後半は毅然と弾きます。左手の3和音は前奏です。これ以降、左手スタッカートは短めに軽く弾きます。

C…右手の8分音符は粒を揃えましょう。軽く切って次の付点2分音符はたっぷり伸ばします。
装飾音の付いた音は短前打音です。 短前打音の弾き方

C’…Cの高揚した気持ちが少し穏やかになります。

E…少し太い音で。左手もスタッカートからテヌートに変わっています。少し長めにしっかり弾いて下さい。

F、F’…Eの緊張感のある旋律に対して、緩和する旋律です。

G、H、H’…イ長調になり身も心も軽く楽しそうです。ペダルもあった方が良いでしょう。 ペダルの踏み方

I…一瞬短調になりますが、力強く始まります。後半のクレッシェンドでは、一旦弱いところから始めます。

J…スラーの後の8分音符は力を抜きます。

K…和音は一番上の音にやや重みをかけます。

L…Kの変形です。最後の音をドスンと弾かないよう、注意しましょう。

L’…後半一旦弱くしてクレッシェンドをかけて行きます。

動画のピアノ演奏は参考なので、作曲者の指示した速さで弾いています。

もう少しゆっくりでも大丈夫です。

 
LINEレッスンの画面イメージ

PianeysのピアノLINEレッスン

LINEで動画を送るだけ!
あなたの演奏を徹底分析!

 
 
Pianeys(ぴあにーず)
物書きピアニスト

子どもから大人までピアノ指導する傍ら、本サイト「ピアノサプリ」を開設し運営。【弾きたい!が見つかる】をコンセプトに、演奏効果の高いピアノ曲を1000曲以上、初心者~上級者までレベルごとに紹介。文章を書く趣味が高じて、ピアノファンタジー小説「ピアニーズ」をKindleにて出版。お仕事のお問い合わせはこちらからお願いします。

  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
PianeysのピアノLINEレッスン
  • Twitter

    日々のブログに加えて、発表会で弾くのにおすすめの曲やその練習方法などをツイートしています。フォローをよろしくお願いします。

    Twitterへ

  • YouTube

    YouTubeに演奏動画をアップしています。チャンネル登録をよろしくお願いします♪

    YouTubeへ