学校の音楽の成績はトップクラスを目指す

ピアノを習っているのに音楽の成績が悪いのは、半分ピアノ教師の責任だと思います。

小学校の指導要綱を見ると、音楽については結構難しい事も習うようです。まず音楽の教科書の楽譜に書いてあることは全部理解させましょう。

音符、休符、記号、用語の名前、意味。普段から少しずつ慣れさせると、中学生になってからの定期テストがずいぶん楽になります。その時間を他教科の勉強に充てられます。

また低学年の間に、音の通りに歌えるかどうかチェックすることも大事です。耳を鍛えることで歌も上手く歌えるようになります。

また中学生になってから音楽のテストがある場合テスト対策をしてあげると良いでしょう。ピアノを弾くレッスンはお休みして、臨機応変にテスト範囲内のことを教えてあげます。ピアノを習っていて良かったと思ってくれるはずです。

こんなお悩み、ありませんか?

発表会やコンクール前に演奏を聴いてもらいたい…

ピアノを習っているけど、他の先生の指導も受けてみたい…

独学でピアノを学んでいて、演奏に自信が持てない…

あがり症を克服したい…

PianeysのピアノLINEレッスンなら
LINEで動画を送るだけ!

あなたの演奏を徹底分析してお悩みを解決します♪

ピアノLINEレッスンを申し込む