保護者との連絡方法を決めておく

小学生になると親御さんが送迎だけになるところも増えてきます。

緊急を要しないものは連絡ノートで十分です。次のレッスンまでの宿題、次回までに直してくる所、次回の日時の確認など、この3点は必須です。

生徒さんからの欠席の連絡や教師側からのレッスン時間の変更などはメールが良いと思います。しっかり文字に残るので確実だし、電話では即答できないことがあるからです。

振替レッスンをしてあげる場合は、いつまでに連絡すればよいかということもはっきりさせておきましょう。前日までor当日の午前中までorレッスン時間前まで、もしくは振替なしなどピアノ教室によって色々なルールがあると思います。

更に生徒さん側と信頼関係を築くにはメールに対してなるべく早く返信するということです。即答できない時でも「後でご連絡致します。」など必ず一報は入れましょう。

こんなお悩み、ありませんか?

発表会やコンクール前に演奏を聴いてもらいたい…

ピアノを習っているけど、他の先生の指導も受けてみたい…

独学でピアノを学んでいて、演奏に自信が持てない…

あがり症を克服したい…

PianeysのピアノLINEレッスンなら
LINEで動画を送るだけ!

あなたの演奏を徹底分析してお悩みを解決します♪

ピアノLINEレッスンを申し込む