伴奏にチャレンジする子を応援しよう

小学校ではピアノが弾ける子に伴奏のチャンスが回ってきます。最近はオーディションが主流のようです。

生徒さんの中には学校の音楽会や式典などで伴奏をやってみたいと思う子もいます。そういう場合は普段の教材をストップしてでも協力してあげましょう。

難点を挙げるとすれば、オーディションは何月何日というように決まっていないことが多いということです。

先生方もなぜか日にちを明言されません。授業外のことなので予定が立てにくいのかもしれませんが、3日後にあると思っていたら、2週間後もなかったということが普通にあります。担任の先生によっては、ピアノについてあまり知識がない場合、準備がどれほど大変かということがおわかりにならないのだと思います。

しかし、早く仕上げるに越したことはありません!

まず、指使いをきっちり書き込みます。そして、弾きにくいところは少し音を抜いたりしてもかまわないと思います。潰れたような弾き方になるよりは100倍マシです。

楽譜はたいていコピー譜なので見やすいように一緒に作ったり譜めくりがいらないようにアドバイスしたりしてあげましょう。

生徒さんが選ばれた時、結果的にピアノ教室の宣伝にもなるかもしれません。

こんなお悩み、ありませんか?

発表会やコンクール前に演奏を聴いてもらいたい…

ピアノを習っているけど、他の先生の指導も受けてみたい…

独学でピアノを学んでいて、演奏に自信が持てない…

あがり症を克服したい…

PianeysのピアノLINEレッスンなら
LINEで動画を送るだけ!

あなたの演奏を徹底分析してお悩みを解決します♪

ピアノLINEレッスンを申し込む