ピアノの優先順位は下位で良い

普通の学生は学校生活が最上位なのは間違いありません。

その次に塾などが来るでしょう。ピアノを習っている子は大抵複数の習い事をしています。スイミング、英語、サッカー、バレエ…その合間を縫って練習してくるのは大変だと思います。

ひと昔前は、練習ができていないとピアノの先生に怒られるというイメージがありました。しかし今はそれではだめなのです。

練習していないことを怒っている時間はもったいないと思います。

たとえ、特に理由がなくピアノの練習をサボっていたとしても、練習ができていない生徒さんには適切な指導をして、レッスン時間内に向上させる事を第一に考えましょう。

1回のレッスンを受けただけですごく進歩していると、親御さんはお月謝を払っている値打ちを感じます。

それからなぜ練習しないのか、という理由を考えます。

譜読みがしんどい。
曲が好きになれない。
時間がない。

譜読みがしんどいのは、今まで教えていたピアノ教師の指導にも責任があります。ある程度手伝うのは良いと思います。

曲が好きになれないのであれば、生徒さんが練習をしたくなるような曲を選びましょう。

練習する時間がなければ、教室で一緒に練習すればよいのです。レッスンに来たくなるような雰囲気を作ったり、ピアノ教室が癒しの空間になると最高です。

その子に合うペースを見つけてあげましょう。

こんなお悩み、ありませんか?

発表会やコンクール前に演奏を聴いてもらいたい…

ピアノを習っているけど、他の先生の指導も受けてみたい…

独学でピアノを学んでいて、演奏に自信が持てない…

あがり症を克服したい…

PianeysのピアノLINEレッスンなら
LINEで動画を送るだけ!

あなたの演奏を徹底分析してお悩みを解決します♪

ピアノLINEレッスンを申し込む