ラフマニノフについて

セルゲイ・ラフマニノフ(1873~1943)
ロシアの作曲家、ピアニスト、指揮者である。

父母ともに裕福な貴族の出身だったが、彼が生まれた頃には一家はすでに没落しており、9歳の時についに破産し両親も離婚してしまう。

音楽の才能は父方家系から受け継いでいたようだ。4歳から習っていたピアノはメキメキと腕を上げ、その後奨学金でペテルブルク音楽院の幼年科に入学する。しかし授業態度が悪く全ての学科の試験で落第してしまった。

悩んだ母は彼をモスクワ音楽院に転入させることを決意し、厳格なピアノ教師ズヴェーレフに彼を預けた。モスクワ音楽院の同期にはスクリャービンもいてピアノも作曲も二人の成績は群を抜いていた。

1891年、モスクワ音楽院ピアノ科を飛び級の最高成績で卒業した彼は、翌1892年同音楽院の作曲科も卒業し、後にラフマニノフの代名詞ともなる『前奏曲 嬰ハ短調 鐘』を発表する。この曲は一般民衆に熱烈な支持を受け、作曲家として華々しいスタートを切った。

順風満帆に見えた作曲家人生だったが、1897年『交響曲第1番』の初演で失敗し大きな挫折を味わうことになる。この失敗には指揮者の力不足など諸説あるが、その一つにロシア五人組に代表される国民楽派とモスクワ楽派の対立もあったらしい。彼はモスクワ楽派のチャイコフスキーに特に気に入られていたので、悪評を流されたということだ。

この件により彼は神経衰弱となり、しばらく作曲することができなくなってしまう。約5年後に出来上がったピアノ協奏曲第2番は、ラフマニノフを支えた精神科医ダーリに捧げられている。

1917年、ロシアで十月革命が勃発し、ラフマニノフ一家はデンマークに亡命する。スターリンが政権を取った後は、ロシアではラフマニノフの曲が反動的であるとされ、ロシア国内で演奏することが禁止となってしまう。

彼が定住地に選んだアメリカでは、主にコンサートピアニストとして活躍した。どうして作曲をしないのか尋ねた友人に「もう何年もライ麦のささやきも白樺のざわめきも聞いてない」と答えたと言う。実は、コンサートで得た報酬を当時ドイツ軍に侵攻されかけていた祖国に義援金として寄付するほど、ロシアを愛してやまなかったのである。

小説「ピアニ>ーズ」
小説「ピアニ>ーズ」