音符
 
Top >  発表会おすすめ曲  >  エチュード・モデラート~中田喜直

エチュード・モデラート~中田喜直

初中級★☆☆
ハ長調

『エチュード・アレグロ』ほど速く指が回らない方はこちらを。

左手の音のズレ加減が絶妙です。

中田喜直作曲の発表会おすすめ曲では、作曲家の曲の一覧とあわせて、人物像を簡単に解説しています。

興味のある方は一度ご覧ください♪

楽譜はこちら。

こどものピアノ曲 – 中田喜直

構成

効率よく暗譜するためにも参考にしてください。

暗譜を極めるための15のステップの中でSTEP.2に該当します。

※記号は一応の目安~ほぼ4小節ずつ

あ{A-A’}
い{B-C}
う{D-E}
え{経過(2小節)-F}
あ’{A-A’’}
お{G(3小節)}

弾き方

この曲には「f」が出てきません。

しかし全体に弱めに演奏するのではなく、温かみのある強い音は必要です。

A、A’、A’’…左手は何回も出てくる「ソ」の音がうるさくならないように注意しましょう。4分音符のスタッカートは短すぎないように。
カッコ付きリピートの弾き方 この繰り返しは省略しない方が良いと思います。

B…ホ長調になりました。似たような旋律ですが、「あ」の時と強弱記号が変わっています。

C…またニ長調に転調しました。ここで静かに抑え気味に演奏しておくと、後が引き立ちます。

D…いきなり全く違う音型になります。右手はスラーの通りに切って弾き、左手は順次進行が多いのでスラーでつなげて弾きます。

E…後半の2小節は前半のエコーのように。

経過…同音を連打するときは、交互に指使いを変えると音が揃いやすいです。rit.「だんだんゆっくり」

F…ハ長調に移っていく経過的なフレーズです。色々あったけど落ち着きを取り戻そうか、という感じ。a tempo「元の速さで」

G…締めくくりもどっしりとは終わりません。「また明日ね!」という雰囲気です。

動画のピアノ演奏は参考なので作曲者の指示した速さで弾いています。

もう少しゆっくりでも大丈夫です。

本番の演奏に備えて

発表会やコンクールなどをはじめ、舞台の上で演奏するための準備として、自分の演奏を客観的に見るのはとても大切です。

スマートフォンなどを使って、定期的に演奏を録画し、ぜひご自身の演奏を確認してみてください。

改善すべきポイントがきっと見つかります。

もしピアノ講師からのアドバイスをお求めの場合は、我々がおこなっているPianeysのピアノLINEレッスンをご利用ください。

録画した動画をLINEで送るだけで、最短当日、アドバイスをお返しいたします。


また、発表会やコンクールでの演奏は暗譜でノーミスが目標です。

丁寧な暗譜は舞台の上での演奏を成功に導く鍵です。

暗譜を極めるための15のステップでは、人前での演奏に失敗しないための完全暗譜法をお伝えしています。

興味のある方はぜひお読みください。

皆様のピアノライフを心から応援しております。

 
LINEレッスンの画面イメージ

PianeysのピアノLINEレッスン

LINEで動画を送るだけ!
あなたの演奏を徹底分析!

 
 
Pianeys(ぴあにーず)
物書きピアニスト

子どもから大人までピアノ指導する傍ら、本サイト「ピアノサプリ」を開設し運営。【弾きたい!が見つかる】をコンセプトに、演奏効果の高いピアノ曲を1000曲以上、初心者~上級者までレベルごとに紹介。文章を書く趣味が高じて、ピアノファンタジー小説「ピアニーズ」をKindleにて出版。お仕事のお問い合わせはこちらからお願いします。

  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
PianeysのピアノLINEレッスン
  • YouTube

    発表会で弾くのにオススメの曲を多数紹介。チャンネル登録者数 1.5万人突破!チャンネル登録をよろしくお願いします♪

    YouTubeへ

  • Twitter

    Twitterへ

  • Instagram

    Instagramへ

  • TikTok

    TikTokへ

PianeysのピアノLINEレッスン