音符
 
Top >  発表会おすすめ曲  >  手まわしオルガン~ショスタコーヴィチ

手まわしオルガン~ショスタコーヴィチ

初級★★★
ハ長調

この曲は『人形の舞曲』の第6曲です。

手まわしオルガンは、オルゴールのようにあらかじめインプットされた旋律を自動演奏する楽器です。

別名ストリート・オルガンとも呼ばれ、大道芸などでも使われます。

この曲はちょっとおどけたような楽しい曲です。

ショスタコーヴィチ作曲の発表会おすすめ曲では、作曲家の曲の一覧とあわせて、人物像を簡単に解説しています。

興味のある方は一度ご覧ください♪

構成

※記号は一応の目安~4小節ずつ

あ{A(2小節)}
い{B-C}
う{D-E}
え{F-G}
お{H-I}
か{J}

弾き方

Allegro ma non troppo「速く、しかし速すぎずに」

構成をご覧になってわかる通り、4小節ずつ全部違うフレーズです。

しかし左手が同じ音型なのですっきり統一感があります。

A…前奏です。こちらがそのまま伴奏になります。テンポも指使いも毎回同じように、規則正しく弾きましょう。

B…simileの弾き方 ここではこの先ずっと左手はスタッカートを付けるということです。
右手はスラーとスタッカートを弾き分けます。各小節3個目のアクセントが付いた音は、次につなげても少し切ってもどちらでも良いと思います。

D…今までよりも音量を控えましょう。

F、G…8vaの弾き方 こちらのフレーズは1小節ずつ切る弾き方もあります。

H、I…音量は増えますが、重くなりすぎないように注意しましょう。

J…後奏です。rall.(rallentando-ラレンタンドの省略形)「だんだん遅く」 オルゴールはだんだん遅くなり消えていくイメージですが、こちらはしっかりと終わります。

動画の演奏は参考なので、違う速さでも大丈夫です。

本番の演奏に備えて

発表会やコンクールなどをはじめ、舞台の上で演奏するための準備として、自分の演奏を客観的に見るのはとても大切です。

スマートフォンなどを使って、定期的に演奏を録画し、ぜひご自身の演奏を確認してみてください。

改善すべきポイントがきっと見つかります。

もしピアノ講師からのアドバイスをお求めの場合は、我々がおこなっているPianeysのピアノLINEレッスンをご利用ください。

録画した動画をLINEで送るだけで、最短当日、アドバイスをお返しいたします。


また、発表会やコンクールでの演奏は暗譜でノーミスが目標です。

丁寧な暗譜は舞台の上での演奏を成功に導く鍵です。

暗譜を極めるための15のステップでは、人前での演奏に失敗しないための完全暗譜法をお伝えしています。

興味のある方はぜひお読みください。

皆様のピアノライフを心から応援しております。

 
LINEレッスンの画面イメージ

PianeysのピアノLINEレッスン

LINEで動画を送るだけ!
あなたの演奏を徹底分析!

 
 
Pianeys(ぴあにーず)
物書きピアニスト

子どもから大人までピアノ指導する傍ら、本サイト「ピアノサプリ」を開設し運営。【弾きたい!が見つかる】をコンセプトに、演奏効果の高いピアノ曲を1000曲以上、初心者~上級者までレベルごとに紹介。文章を書く趣味が高じて、ピアノファンタジー小説「ピアニーズ」をKindleにて出版。お仕事のお問い合わせはこちらからお願いします。

  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
PianeysのピアノLINEレッスン
  • Twitter

    日々のブログに加えて、発表会で弾くのにおすすめの曲やその練習方法などをツイートしています。フォローをよろしくお願いします。

    Twitterへ

  • YouTube

    YouTubeに演奏動画をアップしています。チャンネル登録をよろしくお願いします♪

    YouTubeへ

PianeysのピアノLINEレッスン