J.S.バッハについて

J.S.バッハ(1685年~1750年)
ドイツの鍵盤楽器演奏家・作曲家である。

ドイツ・アイゼナハには音楽家バッハ一族が住んでいたが、J.S.バッハもそこの出身である。

幼少期に両親を亡くし、年の離れた長兄に育てられる。

学校を卒業すると宮廷楽団に入った。

ヴァイオリンとオルガンを担当し、めきめきと腕を上げて行った。

22歳の時にいとこのマリア・バルバラと結婚して7人の子供をもうけるが、当時のバッハの生活は苦しく、好待遇を求めて楽団や教会を渡り歩いたり、作曲した曲を安い値段で売ってしのいでいた。

しかし、バッハが35歳頃、13年間連れ添ったマリア・バルバラが急死してしまう。

二人目の妻は宮廷歌手のアンナ・マクダレーナである。

彼女は音楽的才能が豊かで、写譜などの作業も手伝うことができた。

彼女との間にも13人の子供をもうけている。

バッハの演奏能力は高く、息子達や弟子達の教育には熱心であったが、どうも世渡りが下手でトラブルも多かった。

今でこそバッハは音楽史には欠かせない大人物だが、生前の評価は残念ながらそれほどでもなかったようだ。

先妻マリア・バルバラとの間に生まれた長男で対位法の大家であるフリーデマン、同じく次男で古典派音楽の基礎を作ったエマヌエル、後妻アンナ・マクダレーナとの末子でモーツァルトの師であるクリスチャンの3人の方が有名になり、バッハは彼らの父親というポジションだったらしい。

また、バッハと同年に生まれたヘンデルの方が国際的な作曲家として人気も格も上であった。

晩年、目の病気に苦しみ、手術の失敗から65歳で生涯の幕を閉じる。

新しいものを求めていた時代には、バッハの音楽は古臭いものとして映っていたのだろう。

彼の死後、その作品はだんだん忘れられていくことになる。

彼の死から80年後、メンデルスゾーンが『マタイ受難曲』を再演させた事をきっかけに、バッハの偉業が認められるようになっていく。

バロック音楽の集大成として、それらは後世の偉大な音楽家たちのバイブルとなる。

そして現代に生きる私達も、色々なシーンでバッハの音楽を耳にする。しかも全く時代の違和感がない。

小さなモチーフが散りばめられた彼の音楽は、私達に謎解きを挑むように厳かにたたずんでいる。

小説「ピアニ>ーズ」
小説「ピアニ>ーズ」