ピアノの先生へのコンサートのプレゼント

ピアノの先生へのコンサートのプレゼント
やはり王道はお花です。花束、アレンジメント、ブリザードフラワーなど。

受付にプレゼントをお預けするコーナーがあるので、積極的に利用しましょう。特にお花を客席に持ち込むと、ガサガサと音がして演奏や視聴の妨げになるので持ち込み禁止の所もあります。プレゼント預かりコーナーにたくさんプレゼントがあると、演奏者はちょっと嬉しく思います。

プレゼントに関して一番多いのはお菓子ですが、出来れば避ける方が賢明です。理由は受け取る側の量が膨大になるからです。

生菓子はもちろんNGです。当日は本番終了後すぐには帰宅できません。焼き菓子などは見栄えが良いですが、賞味期限までに食べきれない場合が残念ながらあります。体重管理をしているなど美意識の高い先生は、ほとんど甘いものを召し上がらないので困っているという話も良く聞きます。むしろ、紅茶などの飲み物やハンカチ、ステーショナリー、アロマなどが喜ばれます。

プレゼントには必ず自分の名前を添えましょう。受付のコーナーにお預けする場合は、その場でも記入するので大丈夫ですが、面と向かってプレゼントをお渡しする場合でも名前を添えるのが礼儀です。とにかくプレゼントの量が大小取り混ぜて膨大になるし、演奏後の興奮で覚えられないのです。

メッセージカードを添えれば完璧です。書き出しは「本日はおめでとうございます。」で良いと思います。