音符
 
Top >  マナー  >  拍手のタイミングに気を付けよう

拍手のタイミングに気を付けよう

ピアノの発表会やコンサートでのマナーについて紹介します。

今回は、拍手のタイミングについて。

安心して目一杯音楽を楽しむために、ぜひ知っておいてください♪

 

拍手のタイミングに気を付けよう

普通、ピアノ発表会では演奏者のお辞儀とともに、観客は拍手をします

一方、プロのピアノコンサートでは素晴らしい演奏に圧倒されて、曲を弾き終わるとすぐに拍手をしてしまうことがよくあります。

しかし、曲の終わりの拍手は気を付けないといけません

「ソナタ」や「曲集」「組曲」などは1曲ごとには拍手をしないのが普通です。

例えば「ソナタ」は4楽章になっていることが多いのですが、全体で1曲なのです。

しかも、曲によっては終わると見せかけて次の楽章にすぐに入る指示のある曲もあります。

プログラムを見てもよくわからないと思うので、自信のない場合は周りの様子を見ながら拍手をすればよいです。

また、ソロリサイタルでは演奏者が全ての演奏を終えても観客が拍手を続けてアンコールを促すことがあります。

たいてい演奏者はアンコール曲をあらかじめ1〜2曲用意しているので、拍手を続けるのが礼儀になっています。

他の知っておきたいマナーもぜひご確認ください。

皆様のピアノライフを心から応援しております。

発表会やピアノコンサートに行くときの服装
お友達のピアノ発表会やピアノの先生が出演されるコンサートには、ある程度きちんとした服装で伺いましょう。また会場内は空調が効いていて少し肌寒い場合もあるので、上着を用意した方がよいかもしれません。
ピアノコンサートに行ったときに座る場所
ピアノコンサートに行ったときの良い席はどこでしょう。指が見える場所や音響的なことも考えると、真ん中より後ろの向かって下手側です。ホールの大きさによって座席の取り方が違ってくるので注意しましょう。
発表会に招かれたときに座る場所
友人や知人が弾くピアノ発表会ではどこに座ると良いでしょうか。前のほうの席は弾く方が緊張してしまうので、遠慮する方が良いと思います。幼児や小学校低学年の方は、あまり前の方でない席で保護者と一緒に座りましょう。小さいお子様は親子室でご覧になることをお勧めします。
発表会やピアノコンサートに遅刻したとき
プロのピアノコンサートではホールのドアの開閉を管理しているスタッフの指示に従いましょう。ピアノ教室の発表会では自分で自由に出入りができますが、必ずピアノ演奏が終わってから曲と曲の間に出入りしましょう。
会場での写真撮影に注意
プロのピアノコンサートの場合は開演中の写真・ビデオ撮影・録音は禁止です。ピアノ教室の発表会では写真・ビデオ撮影をしてもよいかどうか、あらかじめ確認しておきます。撮影のマナーを守って気持ちよく発表会の思い出を残しましょう。
会場で注意すべき音のマナー
しゃべり声、携帯は当然のことながら、他にも気を付けたい音がたくさんあります。演奏中にカバンから何かを取り出す音、プログラムに挟んでいるチラシの音など。音のマナーに注意して、発表会やコンサートのピアノ演奏を楽しみましょう。
拍手のタイミングに気を付けよう
ピアノ発表会では演奏者のお辞儀と共に観客は拍手をします。一方プロのピアノコンサートでは素晴らしい演奏に圧倒されて、曲を弾き終わるとすぐに拍手をしてしまうことがよくあります。しかし曲の終わりの拍手は気を付けないといけません。周りの様子を見ながら拍手をすると良いでしょう。
ピアノの先生への発表会のお礼
発表会の会費には会場費やプログラム制作費等の他に、目に見えない物の代金も入っています。補講をしていただいたり、時間オーバーして見ていただいたり等、特別な事があった場合は、お礼をした方が良いと思います。発表会が終わって、会場を後にする前にピアノの先生にご挨拶はしましょう。
コンサートのチケットをピアノの先生から買うとき
コンサートに出演されるピアノの先生は、日頃から自分の練習もされていて向上心が高い方です。コンサートに出演される先生は、赤字覚悟の自腹がほとんどです。自分のレベルアップのために演奏活動をされるので、できることなら行くことをお勧めします。チケットは先生から買いましょう。
お友達にプレゼントを渡すときの注意
ピアノ発表会でお花の舞台での受け渡しは舞台進行の妨げとなるので、禁止されていることが多いです。プレゼントを渡すタイミングは弾き終わった後が良いです。誰からもらった物かわからなくなるので、必ずメッセージカードに名前を書いてお花やプレゼントに添えましょう。
ピアノの先生へのコンサートのプレゼント
やはり王道はお花です。受付にプレゼントをお預けするコーナーがあるので積極的に利用しましょう。プレゼントに関して一番多いのはお菓子ですが、膨大な数になるので出来れば避ける方が賢明です。プレゼントには必ず自分の名前を添えましょう。メッセージカードも添えれば完璧です。
 
LINEレッスンの画面イメージ

PianeysのピアノLINEレッスン

LINEで動画を送るだけ!
あなたの演奏を徹底分析!

 
Pianeys(ぴあにーず)
物書きピアニスト

子どもから大人までピアノ指導する傍ら、本サイト「ピアノサプリ」を開設し運営。【弾きたい!が見つかる】をコンセプトに、演奏効果の高いピアノ曲を1000曲以上、初心者~上級者までレベルごとに紹介。文章を書く趣味が高じて、ピアノファンタジー小説「ピアニーズ」をKindleにて出版。お仕事のお問い合わせはこちらからお願いします。

  • Twitter
  • Facebook
  • YouTube
PianeysのピアノLINEレッスン
  • YouTube

    発表会で弾くのにオススメの曲を多数紹介。チャンネル登録者数 1.5万人突破!チャンネル登録をよろしくお願いします♪

    YouTubeへ

  • Twitter

    Twitterへ

  • Instagram

    Instagramへ

  • TikTok

    TikTokへ

PianeysのピアノLINEレッスン