ピアノの先生への発表会のお礼

ピアノの先生への発表会のお礼
発表会の会費には何が含まれているでしょうか?

会場費、音響・設備費、プログラム製作費、お花、記念品、写真、人件費、ピアノ使用料、調律代、録音など。

その他、ホールの抽選や説明会に行く。曲の研究のために楽譜を買う。曲のアレンジ、プログラムの構成、リハーサルをする等、目に見えない物の代金も入っているでしょう。中には赤字の先生もいらっしゃるようです。

教室によっては生徒一同で花束を会場でお渡します。集合写真の時に、先生が花束を抱えて写るととても栄えるので喜ばれます。

また、個別に発表会後の最初のレッスンで、商品券やお菓子などをお渡しする方もいらっしゃいますが、必ずしなければならないということはありません。補講をしていただいたり、時間オーバーして見ていただいたりというような特別な事があった場合は、気持ちだけお礼をした方が良いと思います。

それよりも忘れてはいけないのは、発表会が終わって、会場を後にする前にピアノの先生にご挨拶はきちんとすることです。生徒さんはもちろんのこと保護者の方も一言お礼の言葉を言うのがマナーです。何も言わないで帰るのは失礼なので、これだけは気を付けましょう。