音符のワーク・応用編

音符の穴埋め問題をパズル感覚で解きながら、音符の意味や長さの理解を深めます。五線譜に書いていただくと、より力が付くでしょう。「答え」は拍子記号に合った正しい楽譜の書き方になっています。

音声によるリズムを確認して、リズム練習にも役立てて下さい♪

音声のスピードは4分音符を1拍とする拍子では1拍がメトロノーム60、8分音符を1拍とする拍子では1拍がメトロノーム120になっています。

【例題】Q1:( )の中に一つだけ音符を入れてください
答えを見る
CHECK!!
拍子は8分の6拍子です。
これは「8分音符を1拍として、1小節が6拍の曲」という意味です。

1小節目…4分音符が1つ(2拍分)8分音符が1つ(1拍分)16分音符が4つ(2拍分)あるので、残りはあと1拍になり8分音符が入ります。

2小節目…16分音符が8つ(4拍分)あるので、残りはあと2拍分の音符ということで4分音符が入ります。

3小節目…8分休符も8分音符と同じく1拍なので、残りはあと2拍となり4分音符が入ります。

CHECK!!
8分の6拍子は2拍子系で「1.2.3, 1.2.3」と3拍ずつ2回あるととらえます。
従って、真ん中で分かれるように音符をまとめ、8分音符は3つ、16分音符は6つ以上繋がないのがルールです。
リズムを確認する
Q2
答えを見る
CHECK!!
2小節目…真ん中で分かれるようにするために、2つの8分音符はつなげて書くことはできません。

3小節目…16分休符をこのような形で入れる方が演奏しやすいです。
リズムを確認する
Q3
答えを見る
CHECK!!
3小節目…6拍分の音符は付点2分音符です。

CHECK!!
1小節目…3拍分の休符は付点4分休符を使う事もあります。

2小節目…16分音符と8分音符を3拍分まとめて書きます。
リズムを確認する
Q4
答えを見る
CHECK!!
2小節目…8分休符をこのような形で入れる方が演奏しやすいです。

3小節目…休符の並び順に注意しましょう。1.5拍分の休符は付点8分休符を使う事もあります。
リズムを確認する
Q5
答えを見る
CHECK!!
拍子記号に注意して8分の6拍子の書き方と混同しないようにしましょう。

1小節目…16分音符2つで8分音符と同じ長さです。16分音符と8分音符を1拍分まとめて書きます。
リズムを確認する
Q6
答えを見る
CHECK!!
1小節目…シンコペーションのリズムです。4分音符を8分音符2つに分割してタイを使う書き方でも良いです。

2小節目…8分音符の3連符は1拍分です。

CHECK!!
3小節目…4分音符を1拍とする拍子では、16分音符は4つ以上繋がないのが一般的で見やすいです。
リズムを確認する
Q7
答えを見る
CHECK!!
2小節目…16分音符の5連符は4分の4拍子では1拍分です。

3小節目…4分音符の3連符は2拍分です。
リズムを確認する
Q8
答えを見る
CHECK!!
1小節目…32分音符は2つで16分音符と同じ長さ、つまり4つで8分音符と同じ長さです。

3小節目…2種類の音符が混在している連符もあります。
リズムを確認する
Q9
答えを見る
CHECK!!
2小節目…16分音符の9連符は4分の4拍子では2拍分です。
リズムを確認する
Q10
答えを見る
CHECK!!
1小節目…8分音符の4連符は3拍分です。

2小節目…8分音符の5連符は8分の6拍子では3拍分です。
リズムを確認する